思い込む

全て 動詞
448 の用例 (0.00 秒)
  • 自分の妻の子供をなんの疑いもなく自分の子供だと思い込んでいないか? 澤口俊之『あぶない脳』より引用
  • それが私にこの手紙をごく何でもないもののように思い込ませてくれた。 堀辰雄『楡の家』より引用
  • 子供以外の日本人すべてが東京を訪れているとどこかで思い込んでいた。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • みんな御自身と同じ能力を持っているものと思い込んでいるらしいのだ。 太宰治『正義と微笑』より引用
  • 世の中の人間すべてが自分と同じ価値観を持っていると思い込んでいる。 神永学『心霊探偵八雲 第1巻 赤い瞳は知っている (角川文庫)』より引用
  • そしてお互いに相手が犯罪を行なったものと思い込んでしまったのです。 クリスティ/松本恵子訳『ゴルフ場殺人事件』より引用
  • どうしてみんな幸福にならなければならないと思い込んでいるのだろう。 片山恭一『雨の日のイルカたちは』より引用
  • だから今回の日本戦には何の不安材料もない、と思い込もうとしている。 野沢尚『龍時(リュウジ)03―04』より引用
  • 清はおれをもって将来立身出世して立派なものになると思い込んでいた。 夏目漱石『坊っちゃん』より引用
  • 着信拒否されていると気づいたら話し中だと思い込むようにしています。 ヒロシ『ヒロシです。2』より引用
  • おそらく、実際に自分は死んだものとばかり思い込んでいたのであろう。 ドストエフスキー/中山省三郎訳『白痴(下)』より引用
  • 英雄は、田舎娘に恋をしたから救いに来てくれたのだと思い込んでいた。 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 帰ってくれば、いつもわたしが待ってるんだって思い込んでたのかしら? 夢枕獏『神々の山嶺 上』より引用
  • 私はあの時寝台ねだいの中の女を悪魔だと思い込んで殺したので御座いました。 夢野久作『白髪小僧』より引用
  • 氷がはらなくても、水の中に沈んでいると思い込んで入られでもしたら。 今野緒雪『マリア様がみてる 26 クリスクロス』より引用
  • だから私は一瞬やはり体の異常だったのかと思い込むところであった。 半村良『亜空間要塞の逆襲』より引用
  • 増蔵は今度、その息子にお文が世話になっていると思い込んでいるのだ。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 私は彼を古い型にとらわれないおおらかな男だと勝手に思い込んでいた。 内田春菊『息子の唇』より引用
  • 私は今日まで、なぜかこの事件が解決されたものだと強く思い込んでいた。 高橋克彦『蒼い記憶』より引用
  • それが私にこの手紙をごく何んでもないもののように思い込ませて呉れた。 堀辰雄『菜穂子』より引用
  • 次へ »