思い煩わ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 刹那が思い煩ってきたであろうこの二つの事柄に決着がついていたのだ。 ...
  • ずいぶん前から肺癌になる可能性について思い煩わないことに決めていた。 ...
  • 彼は熱帯地方の航海のことなぞを想像して見て、その準備に思い煩った。 ...
  • 彼はこの知らない人ばかりの国へ来てこれから先の自分の生涯をいかにしようかと思い煩った。 ...
  • 明日のかてさえ知れない野生やせい動物が、五年後のことなど思いわずらうだろうか? ...
  • が、今この瞬間に理奈が死んでいるのでは、と思い煩う必要はなくなるのだ。 ...
  • 実をいうと、私はこの自分をどうすればいのかと思いわずらっていたところなのです。 ...
  • とまれ、そのことが彼らの思い煩う唯一のことになりつつあるのだ。 ...
  • 僕は三君と協力して、X夫人の覚悟を翻えさせる途は無いものかと思い煩った。 ...
  • 選挙のことを思いわずらうまでもなく、私にはほかに考えなければならないことがいっぱいあるからである。 ...
  • かえみちわすれてしまったのではないか、それともわったことでもあったのではないかとおもわずらっていたのであります。 ...
  • 今からなにを思いわずらっても意味のないことだった。 ...
  • またいてはならないものだと思い煩うのである。 ...
  • エリザベスは思い煩い、誰と決定するのも不可能なことを知った。 ...
  • お福は、国千代が正式に世継ぎに決まったときのことを思い煩わずにはいられない。 ...
  • 周囲を見まわしてみたまえ、自分の靴よりもっと高尚なことで思いわずらうべきものが目に入らないのかね! ...
  • だが僕には思い煩うことを許してくれたまえ。 ...