思い描く

全て 動詞
420 の用例 (0.00 秒)
  • 心で思い描くイギリスの地図の上のどの地点に私は立っているんだろう。 井形慶子『ときどきイギリス暮らし』より引用
  • 僕が思い描いていた道徳的教育とか社会的協力とかの勝利ではなかった。 ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』より引用
  • なのに私ときたら、いつも頭の中に二十二歳も年の離れた母を思い描く。 高橋克彦『緋い記憶』より引用
  • たしかに、頭のなかで思い描いた幸福は決してわれわれの手に入らない。 アラン/宗左近訳『幸福について(上)』より引用
  • 三千万円か四千万円か、あるいは一億か、そんな数字を思い描いている。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • その女子社員がベッドであられもない姿勢をとるさまを思い描いたりした。 阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』より引用
  • どうやら彼らの思い描く子供の理想像とは少しギャップがあったらしい。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第09巻』より引用
  • 或いは今の今も、ひそかにそれを思い描いていたかも知れぬではないか。 本庄陸男『石狩川』より引用
  • 彼女は目を閉じた、そのときの伯爵の姿をまぶたに思い描くかのように。 シムノン/長島良三訳『メグレと老外交官の死』より引用
  • つらいことがあるたびに思いえがいてきた未来が、音をたててくずれていく。 岡野麻里安『銀の共鳴2 水の伏魔殿』より引用
  • ぼくらはおそらく同じ奇妙な光景を頭の中に思い描いていたはずだ。 原田宗典『どこにもない短篇集』より引用
  • 具体的な痛みよりも、その状況を思い描いて、精神的に錯乱したのだな。 吉村達也『トンネル』より引用
  • その姿を思い描こうとするだけで胸がこんなに痛くなることがあろうとは。 久美沙織『小説 エマ 1』より引用
  • そして自分の思い描いたことが全くの邪推に過ぎなかったことを確認した。 東野圭吾『秘密』より引用
  • それを思い描くことができないのが、人間の限界というものなんです。 吉村達也『トンネル』より引用
  • 思い描く情景がいつ現実の光景に転じたのかは、わたしにはわからない。 ラヴクラフト全集3『03 「無名都市」』より引用
  • 山代は幾つかの小さい島を浮かべた大きな泥沼を、眼に思い描いていた。 井上靖『崖(上)』より引用
  • 監督の思い描いたものに一番近いバージョンは日本でのみ公開された。
  • ライヴアルバムを出す事こそ結成初期より思い描いていた事だという。
  • 剣を手にして天を駆けてくる神将のまぼろしを、葛葉はまぶたに思い描いた。 五代ゆう『晴明鬼伝』より引用
  • 次へ »