思いを込める

20 の用例 (0.00 秒)
  • 死後に故郷・長崎への思いを込めた市川の遺稿が妻により発表された。
  • 遅れて入って来た夫が父が母が、口々にそれぞれの思いを込めて名を呼んだ。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 私も素っ気ないほど簡単な挨拶に万感の思いを込めて受話器を置いた。 米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』より引用
  • 米沢盆地が実り豊かな地域になるようにとの思いを込めて命名されている。
  • 愛という言葉は何やら、自らの思いを込める箱のようなものなのかもしれぬ。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • エキシビションでは日本への思いを込めて「いつも何度でも」を滑った。
  • エレベーターが閉まる瞬間、僕はすべての思いを込めてその一言を口にした。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • そこに働く人たちが企業に思いを込める時どこに基盤を置くか。 足立倫行『アダルトな人びと』より引用
  • わたしは早紀の腕に熱い思いを込めて、完全にわたしのものにしようとする。 神林長平『七胴落とし』より引用
  • 同じ悲しみを味わった同士として、安藤は思いを込めて名前を呼んだ。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 約二メートルの高度から、ハルユキは万感の思いを込めて短く叫んだ。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • 名前は「甲子園で輝くように」という思いを込められて命名されたという。
  • ハルユキは顔を上げると、これまでとはまったく違う思いを込めてその名を呼んだ。 川原礫『アクセル・ワールド 13 -水際の号火-』より引用
  • 昨日までのものとは違う、今への思いを込めた、ため息だった。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第01巻』より引用
  • 瞳には強い意志の光が灯り、その拳は決然たる思いを込めて 握られている。 暁works『るいは智を呼ぶ③ 鳴滝こより』より引用
  • 「あなたのポケットを夢でいっぱいにしたい」という思いを込めて創刊された。
  • その前でなければ許されないような官能的なキスに、美登里は思いを込めた。 林真理子『最終便に間に合えば』より引用
  • 思いを込め、ほんの一瞬それを握りしめると、お初は武左衛門を見つめた。 宮部みゆき『震える岩 霊験お初捕物控』より引用
  • 「自然の恵みと水資源に感謝する」という思いを込めて命名された。
  • 私は尊敬と感謝の思いを込めて、ルームミラーの教授を見上げた。 佐竹一彦『よそ者』より引用