思いがけない

全て 形容詞
4,464 の用例 (0.02 秒)
  • 鏡のように見えた湾の入口がこうまで動いているとは思いがけなかった。 夏目漱石『満韓ところどころ』より引用
  • あの人は私の方でそうした出ようをするとは思いがけなかったようなの。 エミリー・ブロンテ/大和資雄訳『嵐が丘』より引用
  • 支那町の真中にこんな大名屋敷に似た門があろうとは思いがけなかった。 夏目漱石『満韓ところどころ』より引用
  • 可能性がないことではないと思っていたが、それでも思いがけなかった。 新津きよみ『訪問者』より引用
  • 四十三の父がまた結婚けつこんするということがその時の私には思いがけなかった。 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』より引用
  • 生命いのちが自分にとって思いがけない光を持つようになったと云うことだ。 ジッド/石川淳訳『背徳者』より引用
  • 思いがけなかったのは、長助と一緒に源三郎の顔がみえたことであった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 04 山茶花(さざんか)は見た』より引用
  • 私は自分にも思いがけない位、静かにその仕事に没頭することが出来た。 堀辰雄『風立ちぬ』より引用
  • だから彼が何者かに殺されたのは私にとって思いがけない救いだったの。 平岩弓枝『黒い扇』より引用
  • そこまで考えたとき、僕の脳裏に突然思いがけないことが浮かんできた。 渡辺淳一『シャトウ ルージュ』より引用
  • さはあれ引っ込みのつかなくなったのは、実に思いがけない事であろう。 長谷川時雨『一世お鯉』より引用
  • といってもその知らせは、思いがけない方法でつたえられたものだった。 佐藤さとる『コロボックル物語シリーズ 1 だれも知らない小さな国』より引用
  • 六十四歳の晩年になってこんな思いがけない中風にかかったというふうに。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • リディアは不安になったが、コリンズ夫人は思いがけない言葉を続けた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • この思いがけない、けれども是認し得る答えは驚きの沈黙で迎えられた。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • まさかビールがこんなことになるとは友人も私も思いがけなかったことだった。 小出楢重『めでたき風景』より引用
  • 思いがけない名前が出たので驚いたのか、邦子は頓狂とんきょうな声をあげた。 桐野夏生『OUT(上)』より引用
  • とびらに手をかけると、思いがけないほどあっさりと、それは開いていった。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • が、この事態はエミリーにとってはあまりにも思いがけないことだった。 サド/澁澤龍彦訳『恋のかけひき』より引用
  • ただ思いがけなかったのは下村さんが警察へ行く途中で逃げちゃった事だわ。 甲賀三郎『ニッケルの文鎮』より引用
  • 次へ »