怒鳴る

全て 動詞
1,457 の用例 (0.01 秒)
  • のみならずそれは聞え出したと思うと、急にこう云う怒鳴り声に変った。 芥川竜之介『トロッコ』より引用
  • まあ、たぶん僕が里香に怒鳴どなられる方向に持っていけばいいんだろうな。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第06巻』より引用
  • 何が原因で怒鳴りあっていたのかさえ思い出せなくなってしまうんです。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • のみならずそれは聞え出したと思ふと、急にかう云ふ怒鳴り声に変つた。 芥川竜之介『トロツコ』より引用
  • 床へ投げ捨てようとしたとき、隣の席の女が彼の背中を叩いて怒鳴った。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 喜ぶとばかり思ってたんだが、彼女は読んですぐに怒鳴りこんできたよ。 小池真理子『ひるの幻 よるの夢』より引用
  • 私にしてみたら、そこで怒鳴られる方が、どんなに気が楽になることか。 田中康夫『昔みたい』より引用
  • 見せないと言ったら泣いても 怒鳴っても絶対見せてくれないと思う。 暁works『るいは智を呼ぶ③ 鳴滝こより』より引用
  • 調子に乗ってそんなことを言っていると、巧が五人に向かって怒鳴った。 若月京子『トラブル・トラブル』より引用
  • ことに男と女の間で怒鳴り合いの喧嘩をするのはえられないのである。 小池真理子『二人で夜どおしおしゃべり』より引用
  • 運転席のシートの後ろに立って前方を睨んでいた丈は、ついに怒鳴った。 大迫純一『ゾアハンター 03 復讐のエムブリオ』より引用
  • モエルがいたらまた怒鳴られていただろうが、この状況では仕方がない。 白瀬修『おと×まほ 第02巻』より引用
  • みなが怒鳴ったので、その男は逃げるように、階段を駆けおりて行った。 松本清張『波の塔(上)』より引用
  • 逃避とうひするあまり二人組の怒鳴どなっていなかったほうに意識を集中してみた。 喬林知『今日からマ王 第06巻 「きっとマのつく陽が昇る!」』より引用
  • 怒鳴り声はぼくへむけられてまるで自分が罵られているようにも思えた。 乙一『ZOO』より引用
  • と向うが怒鳴ると同時にこっちの銃が発射されて、その男が吹っ飛んだ。 赤川次郎『名探偵はひとりぼっち』より引用
  • 怒鳴り声にしては妙に間の抜けた大声が、不意にベッドの上から聞こえた。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第01巻』より引用
  • 雅子は二階に向けて怒鳴ったが、その声はうつろな家の中に大きく響いた。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • 怒鳴る大和田の前で妻が笑っていたことなど今まで一度もないからだ。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • しかも、それは怒鳴どなり声によって支えられているようなあやうさがあった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • 次へ »