怒る

全て 動詞
4,205 の用例 (0.01 秒)
  • 神の怒を忘れた多くの愛の説は神の愛をも人間的なものにしてしまつた。 三木清『人生論ノート』より引用
  • 神の怒を忘れた多くの愛の説は神の愛をも人間的なものにしてしまった。 三木清『人生論ノート』より引用
  • おこっているのか、恐怖きょうふを感じているのかの区別さえつかないほどだった。 水野良『ロードス島戦記 4 火竜山の魔竜(下)』より引用
  • それなら怒って帰ったことも、女が何もなかったと言うのも説明が付く。 三上於菟吉『曲れる者』より引用
  • そういう人物が書いたもので腹をたてたり怒ったりするのはおかしい。 久生十蘭『だいこん』より引用
  • 実に不都合な虫であるが、怒ってみたところで相手が虫では仕方がない。 寺田寅彦『鉛をかじる虫』より引用
  • もっとも家の中には誰一人姿をあらわしませんから怒る人もないのです。 海野十三『怪塔王』より引用
  • 行けというんだったら、そんなに怒らなくてもいいじゃないかと思った。 群ようこ『無印良女』より引用
  • その為に自分はいわゆる神の怒にふれることを覚悟しなければならない。 岸田国士『俳優倫理』より引用
  • お清は怒った風をしながらも、笑顔をして私の方へよくやって来てくれた。 豊島与志雄『黒点』より引用
  • 頭からポッポッと湯気ゆげを出して怒っている警官の顔が見えるようでした。 海野十三『崩れる鬼影』より引用
  • 文字にはそれぞれ表情があって、怒ったり悲しんだり笑ったりしている。 豊島与志雄『小さき花にも』より引用
  • 自分の名前を僕の名前に書き換えられているのを見て非常に怒ったはずだ。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『ジーキル博士とハイド氏の怪事件』より引用
  • 人々は入口の空間に眼を向けると、そこへ怒った反絵はんえんで来た。 横光利一『日輪』より引用
  • また小説というものは一部の読者を怒らせてはならぬものだとも思わない。 平林初之輔『「陰獣」その他』より引用
  • 僕は先刻の和尚さんが来たら又怒るだろうと思って気が気ではなかった。 甲賀三郎『贋紙幣事件』より引用
  • 中には怒ったり軽蔑したりする人もあるかも知れないとも思われます。 三好十郎『恐怖の季節』より引用
  • と答へながら、その哲学的思考の内容を聞いたら怒るだらうなと思つた。 丸谷才一『女ざかり』より引用
  • 妾は怒つておれが死んでやらうといふので池に飛込んだといふ話がある。 内藤湖南『近代支那の文化生活』より引用
  • 同情していることを示して見せたりすれば彼女はかえって怒るだろう。 筒井康隆『大いなる助走』より引用
  • 次へ »