忽然と消滅

40 の用例 (0.00 秒)
  • ある日、東部辺境区の人口二万ほどの町の住人が、忽然と消滅していた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12a D-邪王星団1』より引用
  • しかしながら、それから数年後には、それは忽然と消滅してしまった。 クラーク『渇きの海』より引用
  • プリンスの眼醒めと同時に、二重存在ドッペルゲンガーの方は忽然と消滅していたのである。 菊地秀行『トレジャー・ハンター15 エイリアン魔神国 完結篇3』より引用
  • 雪の上に楕円の窪みだけを残して、娘の身体は忽然と消滅していたのである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター別巻01 D-昏い夜想曲』より引用
  • さっきまで厳然と存在していた首都層の意志が忽然こつぜんと消滅した。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • わずか一分足らずのあいだに、いまの若者と少女は忽然と消滅していたのである。 山田風太郎『幻燈辻馬車(上)』より引用
  • そこに埋めこまれ、そびえ立っていた貴族の象徴は、忽然と消滅していた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター10b D-双影の騎士2』より引用
  • 人馬はもとの位置に立ち、前方の橋と川は忽然と消滅していた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター16 D-血闘譜』より引用
  • 背後の家は忽然と消滅し、七彩の光の玉が数個、彼の方へ漂ってきた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター06 D-聖魔遍歴』より引用
  • 異世界にあった奴の身体は忽然と消滅した。 菊地秀行『妖戦地帯3 淫闘篇』より引用
  • それは、てのひらの上で忽然と消滅したのである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター07a D-北海魔行 上』より引用
  • と思う間もなく、超人類もヤスマタも忽然と消滅してしまった。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • 触れると同時に、高さ三メートルあたりまでの部分が忽然と消滅し、五メートルほど後方の床へ地響きをたてて落ちた。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • 待たされていた下女があやしみ、人を呼んで開けると、主人は忽然と消滅しょうめつしていた。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • ある一点で魔性の羽搏きは忽然と消滅し、新たな影がそれを埋めては、また掻き消されていく。 菊地秀行『吸血鬼ハンター15 D-魔戦抄』より引用
  • 忽然と消滅させられてしまいます。 古川日出男『アラビアの夜の種族3』より引用
  • だが、それは忽然と消滅し、白木の針は空気を貫いて消えた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター16 D-血闘譜』より引用
  • あの鉄の檻にはいった若者と少女が、忽然と消滅した不思議さは、いまだに干兵衛にもわからない。 山田風太郎『幻燈辻馬車(上)』より引用
  • 同時にDの動きを封じた光の牢獄は忽然と消滅している。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09b D-蒼白き堕天使2』より引用
  • スーラに触れたはずの刀身は、忽然と消滅したのである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • 次へ »