忽然と出現

41 の用例 (0.00 秒)
  • 空に忽然こつぜん出現しゅつげんした黒い月は第二次世界大戦に終結しゅうけつをもたらした。 広崎悠意『高機動幻想ガンパレード・マーチ』より引用
  • その「声」は、私の主脳言語野に忽然と出現したように感じられた。 秋山瑞人『おれはミサイル(前・後篇)』より引用
  • 結果は、水爆がどこからともなく忽然こつぜんと出現するのと、同じことになります。 ホーガン『創世記機械械』より引用
  • 眼前に団平の二代目が忽然こつぜんと出現したといった感じである。 鮎川哲也『朱の絶筆』より引用
  • 褐色の山腹の一部にだけ忽然と出現したその光景は、華麗に幻想的だった。 日野啓三『聖岩 Holy Rock』より引用
  • 忽然こつぜんと出現した魔人は、未だ何の動きも見せていなかった。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • そして、あの女は水のあるところ、忽然と出現するのだった。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12b D-邪王星団2』より引用
  • 忽然と出現した手が、その柄を握り止めていたのである。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • そこにはプレハブの、湯俣小屋よりも一回りも二回りも大きな建物が忽然こつぜんと出現していたのである。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • その場に居合わせた者がいたとしたら、彼らが無の中から忽然こつぜんと出現する瞬間しゅんかんを目撃し、おどろいたことだろう。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』より引用
  • 翌日、私のカメラはベッドの下から忽然と出現した。 小田実『何でも見てやろう』より引用
  • 同年同季八一日、大艦隊が球状空間から忽然と出現したのだ。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の紋章 01 帝国の王女』より引用
  • その目の前に、もう一人の白人少女が忽然こつぜんと出現した。 山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(上)』より引用
  • 第一回の煙で山水画の風景が忽然こつぜんと出現し、第二回の小煙で谷に橋がかかり、第三回の小煙でひとりの仙人が現われ、その橋を渡って消えた。 井上ひさし『手鎖心中』より引用
  • 目の前に忽然こつぜんと出現した榎本をただ呆然ぼうぜんと見つめている。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • 悪魔のまわりに、チェレク・ボアにそっくりな恐ろしい大渦巻が忽然と出現した。 エディングス『マロリオン物語04 禁じられた呪文』より引用
  • ディーノはおのれの手の内に忽然こつぜんと出現した銀斧ぎんふをいぶかしげに見つめる。 流星香『プラパ・ゼータ 2 天空の魔法陣』より引用
  • それがそこに忽然こつぜんと出現したのは、三週間前で、今にも降り出しそうな梅雨時の夜だった。 森瑤子『ドラマティック・ノート』より引用
  • 幽霊とともに消えたはずの凶器が、大那の手の中に忽然と出現した謎がようやく解けた。 三雲岳斗『少女ノイズ (光文社単行本)』より引用
  • だからこそ、理由はいまだ不明のまま、その頂きへ忽然と出現し得たに違いない。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12c D-邪王星団3』より引用
  • 次へ »