快速列車

963 の用例 (0.01 秒)
  • なお、一般の普通・快速列車での運用時には全ての扉を使用する。
  • 中央西線や関西本線の普通・快速列車で運用される車両が多数配置されている。
  • 快速列車は駅の下の階を走行し、ホームから見ることはできない。
  • 京都・大阪方面からの新快速・快速列車の運行は当駅までである。
  • そこで2003年夏より同車両を使用した臨時快速列車が運行されることとなる。
  • この区間では朝に上り1本、夕方時に下り3本の快速列車が運行されている。
  • 先の快速列車を降りた客は駅の出口へと続く階段に消えている。 西風隆介『神の系譜Ⅰ 竜の封印』より引用
  • 快速列車へ変更となった列車も引き続き他の普通列車と一体的な運行がなされている。
  • 快速列車については、下りは浜田駅以西各駅停車のため全て停車となる。
  • ただし、現在は定期列車としては快速列車運用のみとなっている。
  • 同様に名古屋地区でも電車による快速列車が登場している。
  • なお、快速列車の運転も検討されていると伝えられたが、これは見送られた。
  • この軽量な車両は快速列車用に設計されたが、実際は主に支線区で使用された。
  • 一ノ関駅をまたいで直通する定期普通・快速列車は設定されていない。
  • 朝には上りのみ坂下駅・南木曽駅から直通運転される快速列車もある。
  • ほとんどの時間帯で快速列車と普通の緩急接続が行われている。
  • この快速列車は愛称がなくなったが、引き続き同区間で運転中である。
  • また都市間輸送でも、各路線に周辺都市に向けた快速列車が頻繁に運行されている。
  • しかし現在は快速列車の激減により、普通列車を中心に運用される。
  • 現在はすべての快速列車が停車するが、以前は通過していた。
  • 次へ »