快速列車用

7 の用例 (0.00 秒)
  • この軽量な車両は快速列車用に設計されたが、実際は主に支線区で使用された。
  • この駅には路線が4本ありその内、快速列車用線路は中央に位置するがマーレー・ヒル・トンネルがあるためホームの下の階を通り、その両側の上の階をローカル列車用線路が通り2つの相対式ホームが使用されている。
  • 日高本線の普通列車・快速列車用として、1997年3月に新潟鐵工所で1両が製作された。
  • また、早朝下りと夜間上り各1本のみ東武日光発着で運転されていた区間急行は快速列車用の6050系限定運用であったことや、下りは快速運行前に、上り列車は区間快速運行終了後に運行されていたことから、快速列車の一部として扱われる場合もあった。
  • 普通・快速列車用車両は宇都宮線や東海道線と共通で、通称「湘南色」とも呼ばれるオレンジ色と緑色()の帯を巻いた電車が運用されている。
  • 本形式は主に快速列車用として、格下げ後のモハ5310形や5700系とともに運用されていたが、後継となる新型車登場に伴い順次ローカル運用へ転用された。
  • しかし1980年代以降、並行他社線との競争の激しい京阪神地区や名古屋地区において、快適性を重視した片側2扉転換式クロスシートの117系が快速列車用に投入されたのを皮切りに、地域実情を考慮した車両が投入されていくようになる。