快速列車として運転

11 の用例 (0.00 秒)
  • 定期列車時代は米原駅経由での運転であり、新津駅 - 新潟駅間では快速列車として運転された。
  • SLすずらん号は全車指定席の快速列車として運転していた。
  • ただし、JR宝塚線から乗り入れる上りは当駅まで快速列車として運転されるものもある。
  • 定期運行の末期は富山駅以東で快速列車として運転する列車もあり、糸魚川駅や富山地方鉄道にも乗り入れていた。
  • 後者は、山陰本線内は快速列車として運転し、天橋立駅での接続は「はしだて」のみとなっていた。
  • 城崎温泉への観光客輸送列車として1953年に大阪駅 - 城崎駅間で快速列車として運転を開始し、阪神間からの利用が便利であることとから大好評であった。
  • また、大阪駅から浜田駅発着編成の連結も行われるようになったが、出雲市駅 - 浜田駅間は快速列車として運転していた。
  • 往路は札幌発知床斜里行、復路は網走発札幌行で設定され、釧網本線内は快速列車として運転された。
  • このうち大館行きの52号は、2010年12月4日から2013年3月15日まで青い森鉄道線浅虫温泉駅始発で運転され、青い森鉄道線内は快速列車として運転されていたが、翌日のダイヤ改正で青い森鉄道線内からの乗り入れが廃止された。
  • なお、1997年11月から1999年10月まで、岡山駅 - 津山駅間は急行列車、津山駅 - 智頭駅間は快速列車として運転されていたが、1999年には岡山駅 - 津山駅間の運転に改められた。
  • 修善寺駅発着の列車は熱海駅で増解結を行い、三島駅 - 修善寺駅間は特急料金不要の快速列車として運転されている。