快速列車として運行

9 の用例 (0.00 秒)
  • しかし、2001年に381系の運用が終了してからは、快速列車として運行されるケースが多くなっている。
  • 特に倉吉駅 - 米子駅間では快速列車として運行され、普通急行券なしでも乗車することができた。
  • また、本項では2006年まで快速列車として運行されていたゲレンデ蔵王、およびその他の583系を使用した東北対関東間の臨時夜行快速列車についても解説する。
  • そのため、本形式が牽引する列車は快速列車として運行し、他の列車と運行時分を揃える工夫がされたが、それでもダイヤ乱れを恒常的に引き起こしたとされる。
  • しかし、2014年3月15日のダイヤ改正で上りの1本が小諸駅乗換の普通列車となり、下りの1本も愛称なしの快速列車として運行されるようになったため、「軽井沢号」の愛称は事実上、廃止される形となった。
  • 運行開始当初は、「赤富士」が座席定員制の車両、「青富士」が自由席車両であったが、2010年3月13日以降は2両とも座席定員制の快速列車として運行されている。
  • 「くまがわ」の列車名は1959年4月1日に運行を開始した門司港駅 - 人吉駅間運行の準急列車に用いられたのが最初で、1966年3月1日に急行列車に格上げされ、1980年10月1日には博多駅発着に変更の上で博多駅 - 熊本駅間は快速列車として運行されるようになった。
  • 会津若松運輸区での点検でようやく原因が判明し、当機はその場で火を消され運転打ち切り、同日復路よりDE10形による臨時快速列車に切り替わり、その後10月いっぱいはDL牽引の臨時快速列車として運行されている。
  • また、1998年3月14日のダイヤ改正からは新宿発着の東海道本線・横須賀線方面への土曜・休日運行の快速列車として運行されるホリデー快速「ビュー湘南」・「ビュー鎌倉」にも充当された。