快速列車が運転

19 の用例 (0.00 秒)
  • それ以外にも快速列車が運転されているが、この区間は各駅に停車する。
  • 学校が近く利用者が多いため、快速列車が運転されていたときは停車していた。
  • 沿線学校の休校日を除く平日朝には快速列車が運転されていた。
  • このほか、沿線で大規模なイベントが行われる場合は、臨時の普通列車・快速列車が運転されることがある。
  • なお、以前は当駅と加古川駅を結ぶ快速列車が運転されていた時期もあったが、現在は当駅発着の列車は全て各駅停車となっている。
  • 定期列車は特急列車・普通列車の2種別のみであるが、観光シーズン等の多客期になると、臨時の快速列車が運転される。
  • 各駅停車のほか、快速列車が運転されていて、毎時1 - 2本程度運行されている。
  • このような運行形態のため、高松 - 坂出間には、日中時間帯1時間に4本の快速列車が運転されている。
  • 中国地方の中心都市である広島市と山陰地方を結ぶ短絡線である木次線が注目され、1953年11月に臨時列車として、米子駅 - 広島駅間に快速列車が運転を開始した。
  • 広駅 - 海田市駅間は「広島シティネットワーク」として広島市の近郊路線のひとつとして扱われ、快速列車が運転されている。
  • 京都駅 - 園部駅間と鳥取駅 - 益田駅間では中距離・都市間の速達輸送を担う快速列車が運転されている。
  • 津山線のほか、姫新線と因美線にも快速列車が運転されているが、両線の快速は停車駅パターンが一定しないため、隣の停車駅については各路線記事を参照のこと。
  • このほか、毎年8月にはひたちなか市の国営ひたち海浜公園で開催されるROCK IN JAPAN FESTIVALの帰宅の足として臨時快速列車が運転されている。
  • 大阪環状線内相互発着の普通のほか、桜島線に直通する普通、関西本線・阪和線へ直通する快速列車が運転されている。
  • 快速は朝晩のみ運転されており、近江塩津駅 - 敦賀駅間では2006年10月21日から湖西線直通の快速列車が運転されている。
  • 阪和線との直通運転は、1990年3月10日から新大阪発新宮行きの夜行快速列車が運転されたのが最初で、その後1994年9月4日に関西国際空港が開港したことにより、関西空港線直通列車として京橋駅 - 大阪駅 - 関西空港駅間で関空快速の運転が開始された。
  • 昭和50年代後半に2、3回広島駅 - 波子駅間に芸備線・三江線・山陰本線経由で「波子ビーチ」号という臨時快速列車が運転された。
  • 国鉄時代には宇都宮駅 - 烏山駅間に快速列車が運転された時期もあったほか、早朝上り烏山駅始発の1本は東北本線宇都宮駅以南に乗り入れ、小山駅で両毛線始発の快速「おおとね」に併結して上野駅まで直通していた。
  • なお、九頭竜新緑まつりが開かれる5月中旬の土曜日・日曜日と九頭竜紅葉まつりが開かれる10月の最終土曜日・日曜日には快速列車が運転される場合があり、運転本数や区間、停車駅は年によって異なる。