快速列車が運行

22 の用例 (0.00 秒)
  • そこで2003年夏より同車両を使用した臨時快速列車が運行されることとなる。
  • この区間では朝に上り1本、夕方時に下り3本の快速列車が運行されている。
  • 普通列車と快速列車が運行しているが、一部を除いてこの路線区間では各駅に停車する。
  • ただし、沿線でイベントなどが行われる際に臨時の快速列車が運行されることもある。
  • また、かつては快速列車が運行されていたが、2011年現在は運行されていない。
  • かつてはこの区間にも特急「北近畿」との接続を目的として快速列車が運行されていた時期もあった。
  • 普通列車と快速列車が運行されている。
  • 名寄以北で快速列車が運行されるのは初めてのことである。
  • かつては快速列車が運行されていた。
  • 現在、鹿児島中央 - 指宿間には朝夕のみしか快速列車が運行されていない。
  • 佐々駅 - 佐世保駅間には4往復の快速列車が運行されている。
  • 普通列車は1時間あたり1本程度が運行されているほか、朝1本のみ湯沢発秋田行き快速列車が運行されている。
  • なお、休日を除く木曜日と車両点検日は運休となり、同一時刻・停車駅で一般車両による快速列車が運行される。
  • 大連駅から旅順駅まで1往復の普通列車、1往復の快速列車が運行されているほか、貨物列車も運行されている。
  • 翌2014年も不具合が度重なり、DL牽引の臨時快速列車が運行される日が引き続き発生した。
  • このほか、8月の小山花火大会や足利花火大会開催時には臨時普通列車が、隔年11月のとちぎ秋まつり開催時には東京方面からの臨時快速列車が運行される。
  • 鉄道ではJR東日本の上越新幹線をはじめ、関東地方、北陸地方、東北地方、近畿地方等とを結ぶ在来線の特急・急行・快速列車が運行されている。
  • 埼玉県北部・栃木県南部と東京都心を結ぶ通勤路線という一面と、日光・鬼怒川温泉・南会津方面への観光路線という一面を持ち、有料の特急列車と料金不要の速達列車である快速・区間快速列車が運行されている。
  • かつて徳島県では小松島線、牟岐線直通の急行「よしの川」の徳島 - 小松島港間や徳島線で「よしの川」から格下げされた快速列車が設定されていた時期があったが、ここ十数年は快速列車は存在しておらず、また、徳島県において愛称付きの快速列車が運行されるのはイベント列車を除けば初となる。
  • 早岐駅 - 佐世保駅間は佐世保線の列車に加えて「シーサイドライナー」などの大村線の列車も乗り入れているため、1時間に2・3本の普通・快速列車が運行されている。
  • 次へ »