快速列車が設定

13 の用例 (0.00 秒)
  • また、かつてこの区間に快速列車が設定されていた際には、列車通過・追い抜きのために用いられていた。
  • かつては岡山駅 - 新見駅間にて快速列車が設定されていた時期もあったが、現在は各駅停車化されている。
  • 八戸駅 - 青森駅間には快速列車が設定されている。
  • かつては広島方面から徳山駅まで快速列車が設定されていたが現在は普通列車のみの運転であり、2012年3月以降は広島地区からの直通列車も削減され、この区間を運転する列車の大半は岩国駅発着に変更された。
  • かつては前述の通り、急行の格下げによる快速列車が設定されていた時期があり、列車により停車駅は変わっていたが、おおむね戦後に開業した小駅を通過する程度であり、特急「剣山」新設で廃止された。
  • また、同車の間合い運用として富山駅 - 越中八尾駅・猪谷駅に臨時快速列車が設定されていたこともある。
  • ここでは、クハ47形などと組んで普通列車に使用されたが、同年10月からは飯田線を走破する快速列車が設定され、モハ52形はこれに使用されることとなり、豊橋機関区に転属となった。
  • 関空快速・紀州路快速とは別に夕ラッシュ・深夜時間帯に大阪環状線から日根野駅まで運転される快速列車が設定されている。
  • その一方、大網駅のスイッチバック解消後、総武本線の自動列車制御装置の関係から房総半島を一周する特急・快速列車が設定できなくなった。
  • 国有化後はローカル線化していたが、大正時代に入って大阪電気軌道、参宮急行電鉄などの私鉄が並行して路線網を伸ばしてくると、輸送量が逼迫していた東海道本線に代わり、これらの私鉄路線に対抗する路線として注目され、近鉄に先んじて名古屋駅 - 湊町駅間に快速列車が設定された。
  • その後快速列車の設定は少なかったが、2007年3月18日のダイヤ改正では、久々に快速列車が設定された。
  • 横浜線には、1988年3月13日のダイヤ改正から快速列車が設定されたが、当駅は東急東横線との乗換駅で利用者が多いにもかかわらず、東急東横線への利用客の流出防止対策として快速は2006年3月17日まで通過していた。
  • かつて徳島県では小松島線、牟岐線直通の急行「よしの川」の徳島 - 小松島港間や徳島線で「よしの川」から格下げされた快速列車が設定されていた時期があったが、ここ十数年は快速列車は存在しておらず、また、徳島県において愛称付きの快速列車が運行されるのはイベント列車を除けば初となる。