快速列車が停車

23 の用例 (0.00 秒)
  • 幸田駅が町の中心駅となっており、一部の快速・新快速列車が停車する。
  • 現在はすべての快速列車が停車するが、以前は通過していた。
  • 函館本線および室蘭本線が乗り入れ、全ての特急・快速列車が停車する。
  • かつては優等列車の停車が1本もなく、一部の快速列車が停車するのみだった。
  • 全ての快速列車が停車するほか、津山方面からの折返し列車も設定されている。
  • 岡山発着の「うずしお」を除く特急列車と各駅停車、快速列車が停車する。
  • また、1993年までは一部の快速列車が停車していた。
  • 阪和電気鉄道時代には特急列車が、そして国有化し国鉄阪和線になった後も快速列車が停車していた。
  • すべての普通・快速列車が停車する。
  • 以前は普通列車のみの停車であったが、1999年12月のダイヤ改正から快速列車が停車するようになった。
  • 鹿児島本線と日豊本線の線路が分岐する駅で、普通列車の他に快速・準快速列車が停車する。
  • かつては当駅と名古屋駅との間に駅はなく、有料急行が運転されている時代は一部の急行列車が、それ以降は快速列車が停車していたが、隣の金山駅が1989年に総合駅として整備されると、その地位を譲った。
  • 京都方面への特急「スーパーはくと」の始発駅となっており、全ての特急・快速列車が停車する。
  • もともと区界は山間地域で、自動車の所有が顕著なことも利用者が少ない理由の一つといえるが、それにもかかわらず当駅は1980年代以降急行が夏季と冬季にそれぞれ臨時停車していたことがあり、現在も一部の快速列車が停車している。
  • すべての快速列車が停車する。
  • 全ての快速列車が停車する。
  • 県境付近は愛子駅 - 作並駅間よりも利用者数が少ないが、奥新川駅・面白山高原駅周辺は鉄道以外の交通手段が十分に整備されておらず、一部ないしすべての快速列車が停車する。
  • また、高瀬駅・楯山駅も山形方面への通勤・通学対策のため、一部の快速列車が停車する。
  • 以前は相対式ホーム2面2線と中央に上り線の通過線1線を有する地上駅で、普通列車のみ停車とそれに伴う快速・特急待避を行っていたが、利用者増加のために2001年3月3日のダイヤ改正より全快速列車が停車し、間もなく駅舎の駅ビル化、ホームの島式化、駅周辺の再開発工事が開始された。
  • なお、ターミナルビルは当駅より釜石線似内駅の方が近いが、釜石線自体の列車本数が少ない上に同駅は快速列車が停車しないこともあり、停車する列車の頻度は2 - 4時間に1本程度である。
  • 次へ »