快速列車

963 の用例 (0.01 秒)
  • 当駅で快速列車と普通の緩急接続や特急列車の通過待ちが行われている。
  • この時間帯は京都方面の上り新快速列車と普通列車が相互接続をしている。
  • 快速列車は日本国有鉄道時代は1日に数本程度運転されるだけであった。
  • それ以外にも快速列車が運転されているが、この区間は各駅に停車する。
  • この改良で一線スルー方式が実現化した為、快速列車は高速で通過する。
  • 快速列車は一部停車するものもあるが、上下線とも通過する便の方が多い。
  • ここには最終的には快速列車の通過待ちをする待避所として使われていた。
  • 普通列車のうち、途中駅の一部に停車しない列車は一般に快速列車という。
  • 幸田駅が町の中心駅となっており、一部の快速・新快速列車が停車する。
  • 鳴門線には本格運用前に、臨時快速列車に本形式を使用した事例がある。
  • 仙石線の普通列車と快速列車に運用されている車両が配置されている。
  • 日中以外の時間帯で一部の普通が当駅で快速列車・特急列車の通過待ちを行う。
  • 現在は急行列車などの優等列車はなく普通および快速列車のみである。
  • 昼行の特急・急行列車は全廃され、代わりに快速列車網の整備が行われた。
  • 学校が近く利用者が多いため、快速列車が運転されていたときは停車していた。
  • 東葉高速1000系電車の東葉勝田台行き快速列車が葛西駅を通過する。
  • 快速列車として最後の運転となった日時点の停車駅は次のとおりであった。
  • 普通列車の補完のために快速列車もこの区間では各駅に停車している。
  • これに関連し、2011年4月より快速列車が32年半ぶりに復活した。
  • 普通列車や快速列車のみの運行で1時間あたり1本程度の運転である。
  • 次へ »