快哉

全て 名詞
285 の例文 (0.02 秒)
  • と心中に快哉かいさいを叫んだ時、廊下に面した障子が開いて人がはいって来た。 ...
  • そして探していた言葉を見つけたという顔で小さく快哉を叫んだ。 ...
  • 石川県人の中には、事件を聞いて快哉の手紙を故郷に送った人がいたという。 ...
  • 火の雨の下にある城兵の混乱ぶりを想像しての快哉かいさいなのだ。 ...
  • すると婦警はいきなり天井てんじょうあおぎ、かべの市内地図を見て、快哉かいさいをあげた。
  • しかし、勝利の快哉かいさいも、達成感すらもハルユキの胸には生まれなかった。 ...
  • しかし快哉かいさいを叫んだ人々の数は、より以上に多かったのである。 ...
  • さういふ時の妻は、たしかに私の母に対して快哉的気分を何か感じるらしかつた。 ...
  • そのことに快哉かいさいの声を上げるべきか、愕然となるべきかまったく判断がつかずにいた。 ...
  • そんな中、部屋の様子を一瞥いちべつした警部は、次の瞬間、早々と快哉かいさいを叫んだ。 ...
  • 青一色のその人々がリュウジのゴールに快哉を叫ぶのを聞いたのだ。 ...
  • 送迎デッキで、渚はその瞬間を快哉かいさいを叫びたいような思いで見つめた。 ...
  • 古い日本の抱えていた病巣が次々に摘出されてゆくのを目にして、国民は快哉かいさいを送った。 ...
  • 「さて、どうしたものか」 翌日はもう酒を飲んでただ快哉かいさいをいっている日ではない。 ...
  • そういえば彼はまだ一度も、快哉を叫んだことがない。 ...
  • そして、あれほど危険な友が、自分よりもはるかに強い者の手によって殺されると思って快哉かいさいを叫んだ。 ...
  • ほんの束の間だとしても、このような時が持てたことに快哉を叫びたい気分だったのだ。 ...
  • 次へ