志方は吟子

9 の用例 (0.00 秒)
  • それまで一カ月余の間、志方は吟子の家に住んでいたが二人は何の関係もなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 乗客へ最後の乗船を促すドラの音を聞いて志方は吟子に声をかけた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 一日が終ったという安らぎの中で志方は吟子のことを思った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 終えたあと志方は吟子を腕の中に入れたまま言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 志方は吟子の気持を引き立てるように瀬棚で新しく借りる家のことを言った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 婚約者となっても志方は吟子を先生と呼んでいた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • もちろん医院を閉じ北海道へ渡る決心はつかないが、志方は吟子の言葉どおりに受けとっていた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 二度目には姉のしめを連れていき、翌年には同志の高林、丸山らが妻を呼び寄せているのに、志方は吟子を呼ぼうとはしない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • この時、志方は吟子にとって赤子であった。 渡辺淳一『花埋み』より引用