忌中

全て 名詞
121 の例文 (0.00 秒)
  • 忌中の者の手紙などは御覧にならないかと思いまして私も御無沙汰ごぶさたをしていたのです。
  • すでに野辺送りは済んでいたが、店の前には忌中の張り紙がしてある。 ...
  • 作次郎の姿が下の方に見えたとき中田又重郎は大声をあげて呼んだ。 ...
  • 今朝、お店のシャッターが閉めてあって、忌中の紙が貼ってありました。 ...
  • 葬式の終ったその晩、部落じゅうの人々が集まって忌中引きをした。 ...
  • 表の入口にはすだれを下し、そこに忌中と書いた紙が貼ってある。 ...
  • 忌中がすぎて、小さい姫君は京の邸へ帰ったと聞き、源氏はさっそく出かけていった。 ...
  • 表には忌中の札が出ているが、長助が戸口へ顔を出すと若い手代がとんで来た。 ...
  • 忌中ではなくなったのだから片づけよう、そして恵の分まで人生を楽しむのだと。 ...
  • 表からみると大戸が下りて忌中の札がとりあえずという感じで張り出されていた。 ...
  • その、灯を背負って赤い障子に貼られた忌中きちゅうの文字は、大きな達筆である。 ...
  • らき中にも、回想の眼はいとあかるく、 画と見えて画にはあらぬ我が故郷!
  • 高田 いや、そればかりでなく、ここのうちは忌中だから他人を泊めることは出来ないのだ。 ...
  • 男性は病気や忌中以外の者は必ず参加しなくてはならず、理由なく欠席した場合は会費の徴収に応じなければならなかった。 ...
  • 小料理屋の店はもちろんしまって、忌中きちゆうの札がかかっていた。 ...
  • しかし、あのマンションに行ったら、ドアに、忌中の札が貼ってあったんです。 ...
  • ただ、今はガラス戸にカーテンがおり、忌中の札が、かかっている。 ...
  • 次へ