忌わしい想像

6 の用例 (0.00 秒)
  • 然しその時私は忌わしい想像を振り落すだけの力がなかった。 豊島与志雄『或る男の手記』より引用
  • 考えても忌わしい想像であった。 松本清張『黒の様式』より引用
  • それが、同じ夜、このような近さに隣りあわせて存在したという事実が、改めて忌わしい想像を決定的にするのだった。 赤江瀑『アニマルの謝肉祭』より引用
  • 自分の誕生というものに最も忌わしい想像がつきまとった隠されている父の名は、或は、実に恥べき人間と場合とに結びついているのではないだろうか。 宮本百合子『古き小画』より引用
  • それをじっと見つめて、苛立たしい焦燥のうちに室の中を歩き廻りながら、私は次第に或る忌わしい想像を打立てていった。 豊島与志雄『或る男の手記』より引用
  • そして、埠頭の歩廊で真紀子と東野の間に、忌わしい想像をめぐらせようとしていた自分に対して彼は恥じるのだった。 横光利一『旅愁』より引用