忌わしい姿

5 の用例 (0.00 秒)
  • 女王の忌わしい姿はどこにも見えない。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • わたしはこれを目にしたといったが、いまわしい姿のおおよそをつかみとったのは、意識して記憶をふりしぼってからのことにすぎない。 ラヴクラフト全集7『09 「忌み嫌われる家」』より引用
  • 悪魔は、戦慄せんりつすべき現われ方で、その忌わしい姿を見せる。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • それはちょうど、ぞっとする忌わしい姿の死体を、家族がまどいする炉火の前の、清潔で楽しい場所に引きずり入れるようなものであった。 ホーソン/鈴木武雄訳『七破風の屋敷』より引用
  • と同時に、ブラウン・ジェンキンのいまわしい姿が、左側の三角形をした暗澹たる深淵しんえんの縁からあらわれた。 ラヴクラフト全集5『07 「魔女の家の夢」』より引用