心霊科学研究会

全て 名詞
20 の例文 (0.00 秒)
  • 前身は心霊科学研究会及び東京心霊科学協会であり、浅野和三郎が設立。 ...
  • 心霊科学研究会を創設した浅野和三郎の後継者である脇長生に師事。 ...
  • 日本では、浅野和三郎が心霊科学研究会を設立し日本神霊主義を生み、欧米の心霊研究が日本へ本格的に紹介され始めた。 ...
  • 日本の心霊主義運動の父といわれる浅野和三郎は、大正末期に大本を離れ、心霊科学研究会を設立。 ...
  • 心霊科学研究会は、1923年3月に浅野和三郎によって東京本郷に設立された心霊研究団体。 ...
  • 二人は後に大本教を脱退し、浅野は西洋の霊学と東洋の神霊学を融合し、心霊科学研究会を、谷口は西洋の光明思想を取り入れた生長の家を設立した。 ...
  • 同年12月5日、「心霊科学研究会」結成のための第一集会が東京神田一ツ橋外の学士会館で行われる。 ...
  • 第一次大本事件当時の大本筆頭幹部浅野和三郎は心霊科学研究会を結成し、その思想は近藤千雄や江原啓之といった多くの心霊主義者に影響を与えた。 ...
  • また、その宗教大本から独立した浅野和三郎は、「心霊科学研究会」などの「霊界」を探求・研究する組織を創設し、「日本の心霊主義運動の父」と称されている。 ...
  • 浅野が旗揚げした『心霊科学研究会』で宗教・哲学的彷徨を重ねていたが、当時流行のニューソートの強い影響を受け、これに『光明思想』の訳語を宛てて機関紙で紹介した。 ...
  • 王仁三郎の手法に失望した多くの幹部や信者が教団を去り、浅野は心霊科学研究会を、谷口雅春は生長の家を、友清歓真は神道天行居を設立した。 ...
  • 教団内で有力な信者となり、論客として活躍するも、1921年の第一次大本事件による大弾圧の後は教団を離れ、1923年3月、「心霊科学研究会」を創設。 ...
  • 浅野正恭や脇長生もこれに参加していたが、立場の違いから浅野正恭や脇長生は1949年、「日本心霊科学協会」を脱退し、「心霊科学研究会」を復活させ、同年4月『心霊と人生』を復刊した。 ...
  • 日本では心霊科学研究会の浅野和三郎が「ポルタアガイスト=騒々しい幽霊」と和訳、幽霊屋敷に起きる現象として紹介した。 ...
  • 「心霊科学研究会」は、1959年、「日本スピリチュアリスト協会」と改称し、浅野正恭・脇長生両名が亡くなった現在も活動を続けている。 ...
  • 第一次大本事件と『霊界物語』の教義化を契機に多くの教団幹部・信者が大本を去って行き、その後浅野和三郎は心霊科学研究会を、谷口雅春は生長の家を興した。 ...
  • 雅春は、外資系石油商ヴァキューム・オイル・カンパニー勤務の傍ら『心霊科学研究会』で宗教・哲学的彷徨を重ね、一燈園の西田天香らとも接触した。 ...
  • 次へ