心浮き浮き

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女は、男が選んだコースがどんなところかも知らずに、心浮き浮きとしていて来たのである。 森村誠一『日本アルプス殺人事件』より引用
  • ある晴れた朝、ぼくは心浮き浮きとし、足取りも軽く、パリの街中をぶらついていた。 モーパッサン/榊原晃三訳『モーパッサン怪奇傑作集』より引用
  • 心浮き浮きして聞いた記憶も甦った。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • 私はチェッと舌打ちをし、はなはだ面白くなく、その日はスタジオで那智さんと話をしても心浮き浮きしなかった。 遠藤周作『それ行け狐狸庵』より引用
  • 彼女は心浮き浮きと、晴れやかに、軽やかに、また、きらびやかに、サロンからサロンへと、花を誘う春風のように渡り歩いていた。 加瀬俊一『ナポレオン その情熱的生涯』より引用