心強い

全て 形容詞
571 の用例 (0.01 秒)
  • でも逆に実験で成功しているのなら、これほど心強いことはありません。 山口芳宏『雲上都市の大冒険』より引用
  • あなたみたいな兄弟がいたら、この子もきっと心強いことでしょうけど。 喬林知『今日からマ王 第12巻 外伝 「息子はマのつく自由業!?」』より引用
  • だが、そういう心強さは、この場所ではなんの意味もないように思えた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス13 グレー・コンチェルト』より引用
  • 十四人一人残らずこの日まで生きていたら、どんなに心強かったことか。 三浦綾子『海嶺(上)』より引用
  • 仲間ができた心強さはあるが、一方で彰子にとって不安なこともあった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 今の彼女には小さなその身を護ってくれる心強い味方は存在してはいない。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 誰でもこの世に心強く生きるためには、一つのなぐさめが必要な筈です。 水野仙子『響』より引用
  • 一方では、実業家が同席するとわかっていたので心強い安心感があった。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 新・マフィアの棲む街』より引用
  • 誰かに相談できるというのが、これほど心強いものとは思わなかった。 今野敏『宇宙海兵隊ギガース2』より引用
  • でも、協力をお願いできることがわかっただけで、今の私には心強いよ。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 06 罪滅ぼし編』より引用
  • 老後の生活の支えとして、少々のものを持っていれば心強いと思うんだ。 清水義範『家族の時代』より引用
  • その手もとが驚くほど確かだったのが、林作をひどく心強くさせたのだ。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 艦が走っているということを、こんなに心強く思ったことはなかった。 中川靖造『海軍技術研究所』より引用
  • それでも、自分以外にも探している人間がいるというのは心強かった。 桜坂洋『よくわかる現代魔法 第05巻 たったひとつじゃない冴えたやりかた』より引用
  • 家には母と私しかいなかったから、男の人が来てくれて心強かった。 篠田節子『死神』より引用
  • 胸をたたくのは心強くていいのだが、本当にこれでいいのかという気もする。 谷川流『涼宮ハルヒの分裂』より引用
  • 困ったときに逃げる場所がある、ということは、何と心強いことなのか。 池波正太郎『剣客商売 19 番外編 ないしょないしょ』より引用
  • DCPによる位置の確認は、乱氷の迷路の中にあって心強いものだった。 長尾三郎『マッキンリーに死す 植村直己の栄光と修羅』より引用
  • そうしているとシールシャに守られている気がして何となく心強かった。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える4』より引用
  • 母は二度と買ってはくれなかったが、それを見ると彼の心はへんに心強かった。 梶井基次郎『梶井基次郎全一巻』より引用
  • 次へ »