心を落ち着ける

24 の用例 (0.00 秒)
  • なんとか心を落ち着けようと、そのようなどうでもいい事を言ってみた。 滝本竜彦『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』より引用
  • 目を閉じ、いつまでも聞いていたくなる単調な蹄の音で心を落ち着ける。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅠ Side ColorsⅡ』より引用
  • そう言う時は心を落ち着けてボールを投げると、少しずつボールが寄ってくる。 新井輝『ROOM NO.1301 03 同居人はロマンティック?』より引用
  • 今、彼はようやく自分の心を落ち着ける為の生賛いけにえを見つけたのだ。 成田良悟『baccano! 1931 特急編 The Grand Punk Railroad』より引用
  • 私は大きく呼吸をして、心を落ち着けようと努力しました。 恩田陸『ライオンハート』より引用
  • 内丹術は一般に静かに心を落ち着けて坐禅のような静的姿勢で修煉を行う。
  • 俊夫は電気の笠のかけらを始末して心を落ち着けてから、座布団に坐った。 広瀬正『マイナス・ゼロ』より引用
  • 柵の上から二段目に置いていた、私はその前に立って、心を落ち着けるための呼吸をする。 乙一『GOTH リストカット事件』より引用
  • わたしは心を落ち着けるのに、おそらく十二秒ほどかかった。 ウェルズ/能島武文訳『モロー博士の島』より引用
  • まあ心を落ち着けてわたしの話をお聞きったら。 横溝正史『髑髏検校』より引用
  • 少年はドアのところに立って、心を落ち着けて室内を見回した。 池澤夏樹『キップをなくして』より引用
  • 僕は神の恵みによって気を確かに、心を落ち着けて来ました。 モーツァルト/服部龍太郎訳『モーツァルトの手紙』より引用
  • 心を落ち着けておれの言うことを聞いてくれ。 光瀬龍『寛永無明剣』より引用
  • 線香の煙と聴こえてくる鈴虫の声が、不思議と俺の心を落ち着けた。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • そんな時に学校の階段を上っている途中でもまわりにだれもいなければ心を落ち着けるため頭をかきむしって壁を何度もけりつけた。 乙一『ZOO』より引用
  • 心を落ち着けようとしていたためだった。 モーム/北川悌二訳『人間の絆(下)』より引用
  • 目を閉じて、彼女のくすくす笑いの意味を頭の隅に押しやり、心を落ち着ける。 伊豆平成『PATRONE1 護民官ルフィ&ワイリー』より引用
  • 私は心を落ち着けて、考えねばならんのだから。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(下)』より引用
  • 心を落ち着けようとしたが、さっきの神の谷での出来事を頭の中から消し去ることはできなかった。 板東眞砂子『死国』より引用
  • 酒の力を借りて、心を落ち着けてすら、あの最後のやり取りは冷静に思い返せない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • 次へ »