心に富む

20 の用例 (0.00 秒)
  • もちろん俊助はこういう相手の変化を、好奇心に富んだ眼でながめていた。 芥川龍之介『舞踏会・蜜柑』より引用
  • 海軍将校になっても事務畑を歩いてきた自分と違って、冒険心に富んだ男でね。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 彼はダークブラウンの瞳から緊張と探求心に富んだ視線を周囲に投じた。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用
  • 勿論俊助はこう云う相手の変化を、好奇心に富んだ眼で眺めていた。 芥川竜之介『路上』より引用
  • この怪談こそは、冒険心に富んだ私と妻との書いた狂言に外ならぬのでした。 小酒井不木『暴風雨の夜』より引用
  • この不思議な現象が,好奇心に富んだ若い物理学者の興味を惹かぬわけがない。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • 活々した冒険心に富んだスーラーブの少年期は、極く愉快に三年経った。 宮本百合子『古き小画』より引用
  • 貪欲どんよくで好奇心に富み笑い好きな彼女は、庭じゅうを捜し回って一日を過ごした。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 彼はたいへん好奇心に富み、また鋭い観察力を持っていた。 井上靖『おろしや国酔夢譚』より引用
  • コズヌイシェフは顔を上げ、好奇心に富んだ表情で弟をながめた。 トルストイ/木村浩訳『アンナ・カレーニナ』より引用
  • 確かにあなたはおかしいほど自尊心と独立心に富んでいるわ。 クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • これを見て義侠心に富んだ彦七は、毎日、天保銭を一枚ずつ出してくれた。 大宅壮一『炎は流れる4 明治と昭和の谷間』より引用
  • 幼少の頃から知的好奇心に富み、心構えがしっかりとした人物だった。
  • 非常に筋肉質であり、向う気が強い頭部の保持と、警戒心に富んだ表情を見せる。
  • ルパンは生まれながらの芸術家であり、スポーツを愛し冒険心に富んでいる。 ルブラン/野内良三訳『ルパンの告白』より引用
  • 私の一万倍ほども忠誠心に富んだ返答をしたのは岸本であった。 田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿02 摩天楼』より引用
  • しかし、残念ながら世間というやつは、責任を持っていないだけに、警察よりも好奇心に富んでいた。 横溝正史『山名耕作の不思議な生活』より引用
  • だが信心深い心に富み、神に仕える仕事はなんでも喜んでした。 チョーサー/西脇順三郎訳『カンタベリ物語(上)』より引用
  • したがって、これは好奇心に富んだ、まじめな詮索せんさく家を満足させるに十分であると思う。 デフォー・ダニエル『世界怪談名作集』より引用
  • この提案は、個体名を持つ習慣がなく、種族的好奇心に富む彼らにこころよく受け入れられた。 田中ロミオ『人類は衰退しました 01』より引用