心がけ

全て 動詞 名詞
2,057 の用例 (0.01 秒)
  • そんな心がけですからレコードの事については実は余りよく知りません。 兼常清佐『レコード蒐集』より引用
  • あたしのようになれなかったのは、あの人の心がけが悪かったからだわ。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • こうした確信の下に、私は私の経営法改善に長い間心がけて来たのである。 相馬愛蔵『私の小売商道』より引用
  • このはさういふけがれたことをなさらぬやうにこころがけられたがよろしからう。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 06 20080623』より引用
  • 私のやったとおりに、おまえたちも行なうように心がけなければならぬ。 太宰治『走れメロス』より引用
  • なぜならば、その方は治にいて乱を忘れずというところの心がけが少ない。 今村信雄編『古典落語(上)』より引用
  • 集会は運営側と参加者双方によって平和的なものにしようと心がけられた。
  • それはその人のお互いの心がけいかんにまたなければならないことなのだ。 小出楢重『楢重雑筆』より引用
  • 私のやったとおりに、おまえたちも行うように心がけなければならぬ。 太宰治『駈込み訴え』より引用
  • そのへんの心がけがなければ、社会参加は絵空ごとになってしまいます。 沖藤典子『女が会社へ行きたくない朝』より引用
  • ぼくが一番に心がけていたのは、道連れを見失わないということだった。 ヴェルヌ/金子博訳『地底旅行』より引用
  • 心がけた第一は、できるだけ物語作者の立場に近づいてみようとしたこと。 星新一訳『竹取物語』より引用
  • 普通の市民が読んでも、まあ読めるような文章にするように心がけている。 朔立木『死亡推定時刻』より引用
  • 各藩は各自の藩を強くまた豊かにしようとすることを一心に心がけた。 唐木順三『無用者の系譜』より引用
  • 以降の人生を世のため人のために働くように心がけたらどうだ。 谷川流『涼宮ハルヒの動揺』より引用
  • しかし天吾は一定の距離を置いて小松とつきあうように心がけていた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • あなたは急展開を望んだりせず、じっと現状維持を心がけて待ちましょう。 梅田みか『愛人の掟1』より引用
  • ぼくは或る額の貯金を心がけて、それを持って遠いS市へ出かけて行った。 吉川英治『忘れ残りの記』より引用
  • が、なるべく彼女たちの会話に耳を傾け、内容を理解しようと心がけた。 円まどか『ソルフェージュ~Sweet harmony~(web小説)』より引用
  • あなたもご自分の将来について、同じような心がけをしなければいけませんわ。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第二巻』より引用
  • 次へ »

心がけ で始まる単語