復権を画策

10 の例文 (0.00 秒)
  • 国民党政権が期待していた中国内部における反乱は実際に勃発したが、それは自身の復権を画策した毛沢東とその影響を受けた紅衛兵による文化大革命というまったく予想していなかった方向へ進んだ。 ...
  • 以後、何度か四川省での復権を画策したが、ことごとく失敗する。 ...
  • これにより反乱は鎮圧され、復権を画策して河北へ戻っていた司馬穎もまた捕縛されて鄴城で処刑された。 ...
  • しかし宦官の孫程は済陰王謁者の長興渠や中黄門の王康や長楽太官丞の王国らと済陰王の復権を画策した。 ...
  • ところが尊氏の死後、鎌倉府の長として成長した基氏は上杉憲顕の復権を画策して、国清・氏綱らと対立する。 ...
  • 既に死没していた皇太后ユリア・ドムナの姉でバッシアヌス家の頭領となっていたユリア・マエサは密かに一族の復権を画策し、カラカラの従姉妹にあたる長女ソエミアスの息子である神官ヘリオガバルスを利用して反乱を起こした。 ...
  • だが、永禄3年に浅井賢政の六角氏との断交を機に、京極高吉が復権を画策して六角氏と結び挙兵を企てるが、失敗して江北を追われ、京極氏の江北支配は完全に幕を閉じた。 ...
  • 実際は、大躍進政策の失敗によって国家主席の地位を劉少奇党副主席に譲った毛沢東共産党主席が自身の復権を画策し、紅衛兵と呼ばれた学生運動や大衆を扇動して政敵を攻撃させ、失脚に追い込むための官製暴動であり、中国共産党内部での権力闘争だった。 ...
  • しかし、渋川義鏡が扇谷上杉家の上杉持朝と対立し、その後失脚したため、足利義政は斯波義敏の復権を画策した。 ...