御霊

全て 名詞
617 の例文 (0.01 秒)
  • この石が御霊櫃と呼ばれるようになったから名付けられたと伝えられる。 ...
  • 人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国にはいることができません。
  • そして、その御霊を解放するのは、年に一度の祭りのときだけだ。 ...
  • 伊勢神宮の鏡もまたアマテラスオオミカミの御霊みたまということになっている。 ...
  • 全国にある五郎塚などと称する塚は、御霊塚の転訛であるとされている。 ...
  • 犯人がいつまでもつかまらなければ、先生の御霊みたまだってうかばれませんわ。 ...
  • 御霊は去ったはずなのに、目を見開き口を半開きにしたまま微動だにしない。 ...
  • 自分が宿すことになる武の子供に大神の御霊が復活するという自分なりの解釈を。 ...
  • それは、加賀殿に生きながら御霊になっていただくために、ということか。 ...
  • 御霊の怨みは、もはや前の帝の罪に対してばかりではなかった。 ...
  • 大神の御霊とやらが、この村を出たら、本当に暴れまくるのかどうか。
  • 御霊社は竹林に囲まれ、西には細川が流れ、南には相国寺の堀が位置した。 ...
  • 神の国は、今ここにあり、キリストはみことばと御霊を通して支配しておられる。 ...
  • この他、矢口の渡しに伝わる新田義興の御霊伝説も広く知られている。 ...
  • また、彼らが「御霊を持たない者」とされるのは、その高慢さに原因がある。 ...
  • お前の力がおよんだのは王の生身の体だけ、 王の御霊みたままで手に入れることはできない。 ...
  • これによって葬儀に関する儀式はすべて終え、これより後は、御霊祭として行なっていく。 ...
  • 次へ
    アマゾンで検索:御霊