御船千鶴子

22 の用例 (0.00 秒)
  • ただし作者は作品ができた後で、御船千鶴子の存在を知ったとのことである。
  • 御船千鶴子は海底炭坑を発見したそうですが、いったいどうやったんでしょうね? 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 御船千鶴子と同じことが、お出来になられるのですか? 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 明治43年には福来友吉が、御船千鶴子や長尾郁子の透視実験を行った。
  • 御船千鶴子が海底炭坑を発見したのと同じ技能ということだな。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 明治時代には超常現象とうたわれた御船千鶴子の〝千里眼〟、その実態は心理学で説明がつく理論ばかりだった。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • 千里眼の最初は明治四十一年の夏、熊本の御船千鶴子みふねちずこが、密封したものの中を見るという即ち透視の能力を得たと言い出したことに始った。 中谷宇吉郎『千里眼その他』より引用
  • 明治末期に超能力者とされた御船千鶴子、長尾郁子らと並んで紹介されることも多いが、2人と比較すると生涯についての資料に乏しく、謎が多い。
  • 能力上は当初御船千鶴子に劣ったが、対面して透視を行なえたので詐術の疑惑を受けにくいと判断された。
  • 晩年の1909年には千里眼実験に関心を持ち、御船千鶴子を自宅に招いて初めての実験を行い、御船らの「透視能力者」が社会的に注目されるきっかけを作った。
  • 観音信仰が篤く、35歳の時に御船千鶴子に関する報道に刺激されて精神統一して修練を積み、透視ができるようになったという。
  • これが御船千鶴子や長尾郁子と異なる大きな特徴であり、福来はこの別人格を「霊格」と呼んだ。
  • 貞子の母親である山村志津子のモデルは、明治時代に実在した人物である御船千鶴子であると言われ、『リング』の作中では千里眼事件を想起させる超能力実験の経緯が描かれている。
  • 公開実験が行なわれたが、不的中なら非難され、的中なら詐術を疑われ、強い疲労と能力低下に悩んで御船千鶴子は自殺してしまった。
  • 熊本生まれの御船千鶴子が「千里眼」能力の持ち主として注目されるようになったのは、明治42年、23歳の時のことである。
  • そして最後にこの事件は、御船千鶴子の自殺、長尾郁子の急死という破局に到って暗転したのであるが、その一段落ついたところで、従来の経緯をあきらかにされた時には、「余りにしつこいではないか」という世評を受けられたそうである。 中谷宇吉郎『千里眼その他』より引用
  • 上記の米国や欧州とは文脈が大きく異なるが、日本では、福来友吉が、心霊研究や超心理学の草分けとなった、とされ、東京帝国大学の助教授時代に、御船千鶴子の存在を知り、またその後、長尾郁子の研究を行った、とされる。
  • 御船みふね千鶴子の千里眼を世に紹介しようと、努力する。 星新一『夜明けあと』より引用
  • 千里眼事件とは、明治末の社会状況、学術状況を背景として起きた、千里眼・念写の能力を持つと称する御船千鶴子や長尾郁子らが、東京帝国大学の福来友吉や京都帝国大学の今村新吉らの一部の学者と共に巻き起こした、公開実験や真偽論争などの一連の騒動のことである。
  • これらの貞子の実験結果は、福来により御船千鶴子、長尾郁子の実験結果とともに前述の彼の著書『透視と念写』として出版されたが、逆にこれは迷信を増長させるとして、多くの学者たちの反発と批判を招いた。
  • 次へ »