御神酒

全て 名詞
100 の例文 (0.00 秒)
  • 春海は、今の亡霊気分の自分が御神酒などを飲んだら祓われて消えてなくなってしまうのではないかとけっこう本気で思った。 ...
  • あおりは他地区でいう神輿振りのことで御神酒所正面から見て右側から4回左右に倒す。 ...
  • わたしたちも、紙コップにつがれた御神酒を一口ずつ飲んだ。 ...
  • 神社に行くと、太一が御神酒を勧めてきて、明里はそれを飲んでめまいを覚える。 ...
  • 謙一は変に調子者のところがあって、椙森すぎのもり神社の祭礼の折など、近所の子供に先走って御神酒おみき所で酒を飲んだりすることがあった。 ...
  • ためしに別の男が御神酒を持って行って供えることになったが、再びその時も大黒様は口をきかれて、俺が飲んだも二つないから、そっちへ持って行って飲めと言われたという。 ...
  • これはほんの御神酒料でと、真面目な顔つきで水引のかゝった包みを差出した。 ...
  • 町々の辻にある御神酒所では一晩中、飲みあかそうという連中が夜っぴてさわいでいるので、普段のようには考えなかったといった。 ...
  • またこの頃から厳島神社へ御神酒を奉納している。 ...
  • 正面の縁起棚には御神酒おみきがあがっている。 ...
  • 実は御神酒にはテキーラが混ぜてあり、明里はそれを一気飲みして酔ってしまったのである。 ...
  • 各山宿前では御神酒の振舞、神饌の配布など町内ごとにもてなしが行われる。 ...
  • この池では古くから毎年5月5日になると、村人により弁天様に御神酒上げがされ豊作を祈る行事があった。 ...
  • 御神酒には、御神木のかりんの木の実を使った「かりん酒」がある。 ...
  • あとは直会なおらい、神棚にささげた御神酒を頂いて、簡単な酒盛りをするつもりだった。 ...
  • 祭祀の神役の前にひとりずつ進み出て、祭器注がれた御神酒を一人ずつ順番にアヤグを神役と共に詠い上げた後に飲み干すと言う形であった。 ...
  • 供物台の中央に三方さんぼうを置き、御神酒おみきを供えた。 ...
  • 次へ