御神酒所

11 の例文 (0.00 秒)
  • しばらく家へ帰らずに、御神酒所の前で待っているように、世話人に頼んで来てくれ。
  • あおりは他地区でいう神輿振りのことで御神酒所正面から見て右側から4回左右に倒す。 ...
  • 謙一は変に調子者のところがあって、椙森すぎのもり神社の祭礼の折など、近所の子供に先走って御神酒おみき所で酒を飲んだりすることがあった。 ...
  • 御神酒所おみきしよの前では子供達が山車だしの太鼓を叩いていた。 ...
  • 町々の辻にある御神酒所では一晩中、飲みあかそうという連中が夜っぴてさわいでいるので、普段のようには考えなかったといった。 ...
  • 祭りの日という設定でしたので、ある日には、 「おい姉さん、御神酒所はどこだい」 「はっ」 と言ったきり言葉が出ない。 ...
  • それにしても、おだてあげて飲ませる方もどうかと思うと、ハナは御神酒所に談じ込んだことがあるが、率先して飲ましているのがおじいちゃんとわかって、どうにも出るも引くもならず赤恥をかいたことがある。 ...
  • 「そこの町内の頭の所です」 とでも言えればよかったんですが、困ったあげく、 「さあ、存じません」 「町内の御神酒所を知らねえわけはねえだろう」 とまた怒られてしまいました。 ...
  • 平次は御神酒所おみきしょに陣取った顔見知りの人達の懇望で、ともかくも、町内くまなくあさることになりました。 ...
  • 御神酒所の前まで行くと、山車を真ん中に、往来に床几しょうぎと水桶とを持ち出して、揃いを着た町内の衆が一パイ、そこからハミ出して、右隣の菓子屋や左隣の道化のうまい荒物屋市五郎の店先までも占領しております。 ...