御神酒徳利

全て 名詞
26 の例文 (0.00 秒)
  • その御神酒徳利がやはり相列んで、名題俳優の列に加わったのである。 ...
  • 御神酒徳利を実践したのか徳利コレクターでもあり趣味人でもあった。
  • 御神酒徳利の一本はとうに空になり、三方の上に転がっている。 ...
  • 御神酒徳利に挿す、竹を割くなどして作った飾り物を神酒口と言う。 ...
  • この二人が同じような柄行がらゆきで、いつも相列あいならんで同じような役所やくどこをつとめていたので、世間一般に“御神酒徳利おみきどっくり”と呼び慣わしていた。 ...
  • 三方に御神酒徳利が二本置かれている。 ...
  • 再建の際に乗せ物を御神酒徳利にしたのは、御船様に恵比寿様、御神酒徳利に大黒様と、組み合わせが良くなるようにしたと言われている。 ...
  • 又小形の御神酒徳利とくりたる土噐にて最もふくれたる部分にまろあな穿うがちたるもの有り。 ...
  • 落語『御神酒徳利』の語りの発端となる御神酒徳利は、スズ製という設定である。 ...
  • かわらけを手に持ち、美津子は御神酒徳利の酒を注いだ。 ...
  • 八多太司との漫才コンビ「御神酒徳利」としても活動した。 ...
  • 御神酒徳利おみきどっくりに差す飾り物で、竹を縦に細かく裂いて、平たく模様風に結んだものであります。 ...
  • さあ刈豆屋では「大事な御神酒徳利がなくなった」と大騒ぎ。 ...
  • 御神酒徳利とかわらけを持ったまま、美津子はしゃがみこんだ。 ...
  • 神酒を神棚に供える「御神酒徳利」は通常二本一組であることから、夫婦などが円満の譬えとされ、落語の演目にもある。 ...
  • 演目は「御神酒徳利おみきどつくり」であるが、その日、円生は、まんじゅう一折と、甘納豆一袋を持って行った。 ...
  • 陽介は美津子の手から、かわらけと御神酒徳利をとりあげた。 ...
  • 次へ