御神酒

全て 名詞
100 の例文 (0.00 秒)
  • 御神酒おみきさかずきに供えられた杉板の棚の上に載っていたのは、灰色の顔だった。 ...
  • 前年の成績のよかった者の模範演技が終わったところで御神酒おみきがまわし飲みされる。 ...
  • 願いが成就したので、お礼に御神酒と赤飯を御供えしていったという。
  • また瓶子の蓋として木製熨斗口、竹製御神酒口などを使用する神社もある。 ...
  • 三方は神座の前の台の上に三つ並べられ、それぞれ御神酒おみきや供え物が並べられている。 ...
  • まあ、日本の御神酒おみきにあたるといってもいいだろう。 ...
  • 御神酒おみきや線香にご聖体のパンだのワインだのが混じった匂いでもしたと思ったのかね。 ...
  • 現代でも一部の神社などの祭祀で御神酒をいただく際の使い捨ての酒杯として残る。 ...
  • 本殿前には左右共に橘の木が植えられており、授与品としてこの橘の実を使った御神酒も作られている。 ...
  • 舅にいわれて、前には御神酒おみきの小さなさかずきが供えられている。 ...
  • また御幸は厳島神社の御神酒であり、御神酒と同じ酒が飲みたいとの注文も多いという。 ...
  • ほかに、餅つき・餅まきやみそぎそば・御神酒の販売なども行われる。 ...
  • 祠の台座の下は、神具や御神酒用の一升瓶を入れられるように棚がしつらえてある。 ...
  • 御神酒おみきも入ったらしく、たがいに交わす言葉は、喧嘩けんかでもしているように威勢がいい。 ...
  • 出発のときにんだ御神酒の何倍も胃の腑が温まり、また熱くなるような感覚だった。 ...
  • いつもその御神酒を飲みたいものだと思っては供えに行くのであったが、ある朝大黒様が口をきかれ、俺はええからお前たちが持って行って飲めと言われた。 ...
  • 通常この句につづけて「御神酒上おみきあがらぬかみはなし」と言います。 ...
  • 次へ