御最期

42 の例文 (0.00 秒)
  • いささかのお苦しみもなかったろう、まことに御立派な御最期であった。 ...
  • そしていずれも、 「立派な御最期にござります」 と遺族に挨拶した。 ...
  • たって父ぎみに付いて行くほどなら、父ぎみの御最期もよう見とどけよ。
  • 「見事な御最期だったとのこと」 随風は、目に悲憤をこめて語った。 ...
  • あなた方のあの残酷な御最期にくらべては、これでもまだ足らないかも知れません。 ...
  • いや、末山大将の御最期は、ネルソンよりもはるかにはるかに立派だったのだ。 ...
  • そのままで中佐の名誉な御最期へお胸のうちで万歳をおとなえ下さい。 ...
  • 「御最期の場所は、この裏手の山里の曲輪くるわでございます」 それはいわれずとも三帆にはわかっていた。 ...
  • 御最期川ごさいごがはの両支流相合する所は、藻の間に深き窪淵くぼみありて、魚の巣窟さうくつなり。 ...
  • この意味から、主君の不慮の御最期は二重の遺憾いかんであった。 ...
  • 御最期か、生捕いけどりの憂き目を見るかの二つを出ません。
  • それにつけても大老は、井伊殿は、立派な御最期だった。 ...
  • 君、御最期の折の御無念如何ばかりにおわしたであろう。 ...
  • しかし、日本のために働くにしても、もし久光様が順聖公の御最期に御関係があるのでごわせば、その人の下で働くことは出来もはん。 ...
  • 吉村さんが大坂の御蔵屋敷で御最期をとげられてから、半年とちょいとしか経っちゃいねえ夏のこってす。 ...
  • 看取った憲兵分隊長は「実に美事なる御最期でありました」と小西らに語っている。 ...
  • かような折に、かようなことを申上げるのは、人様をおとし入れるようではばかりがありますが、旦那の御最期を思えば、胸にたたんでおくわけにも参りません。 ...
  • 次へ