御大

全て 名詞
184 の例文 (0.01 秒)
  • 両御大にリメイクの許可を取りに行ったら、全く正反対の結果になった。 ...
  • 例として両御大おんたいの句をあげたが、蕪村が芭蕉のまねをするだけではない。 ...
  • 御大の直吉をはじめ社全体が、新聞が何を書こうが意に介せぬ気風であった。 ...
  • 「御大」と呼びだしたのは、日活と交流するようになってからである。
  • さて、前回の話は、未央生と香雲とが「御大悦」のところまでであった。 ...
  • 帰国を待って寺西御大に訊くのは、もっと危険をはらんでいるように思える。 ...
  • お江戸に残さはる分はもちろん御大を中心にわたしら当代が脇をつとめさせてもろて。 ...
  • 父が死んで少しした頃、私は母に「御大と暮したのは何年になりますか」と聞いたことがある。 ...
  • 新宮高校で指導を受けた者からは古角御大と呼ばれる。 ...
  • 御大の性格は承知しているつもりである。 ...
  • 御大村西と制作部のスタッフが本社社屋に住み込んで起居を共にするのである。 ...
  • 当時、千恵蔵は京都の山の手に住んでいた事から「山の御大」と呼ばれた。 ...
  • 平たい点で本土のより旨いと思っていると、御大の登場となった。 ...
  • われわれはきみのところの御大をつかまえることができないなら、きみのご主人をさらっていくことにしてるんだから。 ...
  • この点で彼はゲッベルス博士や御大ヒトラーとまったく異なる。 ...
  • いずれ劣らぬ御大たちが、地元チームの初陣やいかにと、居ても立ってもいられずにやってきた感じである。 ...
  • 御大がそばに現われると、それだけで、もう自分の体が吸い寄せられていくような気がする。 ...
  • 次へ