御中

全て 名詞
68 の例文 (0.00 秒)
  • 事前連絡もせず、直接出版社に「編集部御中」として送りつける執筆者もいるが、この方法では出版は難しい。 ...
  • また神代の巻の物語を、事実の伝説化せられたものとして、すべてが解釈せられるかどうか、例えば葦芽の如く萌えあがるものによって神が生まれたとあり、最初に天の御中主の神の如きがあるというようなことは、如何なる事実の伝説化せられたものであるか、というと、それは何とも説かれていない。 ...
  • 以上のとおり天御中主から彥瀲までの32世、天皇は神武天皇以下皇極天皇まで列挙されている。 ...
  • また、天御中主を中心力、高御産霊を遠心力、神御産霊を求心力ととらえ、この三者のはたらきによって原宇宙が生成されたと説いた。 ...
  • 一、以上いじやう三神さんしん其御活動そのごくわつどうりて種々しゆじゆ名義めいぎあれども、三位一体さんみいつたいにして天之御中主あめのみなかぬし大神御一柱おほかみおんひとはしら帰着きちやくするのである。 ...
  • それはとにかく「あて名のなんとか係には御中を書き加えろ」ぐらいは、理屈ぬきで教えておくべきだろう。 ...
  • 会社宛ての手紙には「御中」を会社名の後につける。 ...
  • そのかたは御中とついてないのは独断で除き、残ったうちから抽選で入場券を発送した。 ...
  • なお、御中居は公方の身の回りの世話をする下級武士。 ...
  • 侍御中散に任じられ、通直散騎侍郎の位を受けた。 ...
  • 大量の投書はどれも「様」や「御中」なしである。 ...
  • 卒業を控えた1981年3月23日に仏教僧の日興・日蓮との間で「霊道」を開き、その後に空海、イエス・キリスト、天之御中主と通信した内容を集めて幸福の科学の初期の霊言集が完成したという。 ...
  • 林右衛門義明は職務に励んだ結果、御留守居御中小姓列に進んだ。 ...
  • ここで殿下を御中に一同記念の撮影をして、頂戴した羊羹ようかんの一切れに舌鼓を打ち、二個のカールとカール状の窪地に四方からえぐり取られた細い国境の山稜を、なおも北東に沿うて進み、二時間半の後には今宵の野営地と定められた北沢に下ることを得た。 ...
  • 武井家は諏訪藩で御中小姓を代々務め、藩の御用の傍ら、私塾を開き地域の子ども達の教育に熱心に取り組んだ。 ...
  • さるにこのとき証文に、内借二万五千両、藩御中と書きたるは、三百年の君臣の、南部のならいぞ是非もなき。
  • 重さが超過しているのか、三十円の切手がられたその封書の表には「世界経済旬報社御中」の文字があった。 ...
  • 次へ