御中主

5 の例文 (0.00 秒)
  • ただし、天御中主から彥瀲までの世数は宋史日本伝では「二十三世」であり、全ての名前が列挙されて数も合っているため、「三十二世」は二と三を取り違えた可能性が高い。 ...
  • 以上のとおり天御中主から彥瀲までの32世、天皇は神武天皇以下皇極天皇まで列挙されている。 ...
  • また、天御中主を中心力、高御産霊を遠心力、神御産霊を求心力ととらえ、この三者のはたらきによって原宇宙が生成されたと説いた。 ...
  • 奝然が太宗に献上した『王年代紀』から引用して、天御中主から彦瀲尊まで23世と神武天皇から守平天皇まで64世の系譜が述べられる。 ...
  • 日本では、道院紅卍字会の主宰神「至聖先天老祖」は、道院と大本の提携により、出口王仁三郎が「至聖先天老祖を大国常立之大神、天之御中主之大神である」と審神した結果、大本皇大神=至聖先天老祖となった。 ...