御すれ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 生きている人間も御しがたいが、屍体というやつも扱いにくいもんです。 ...
  • それでも最初のうちは従順でぎょしやすく、こちらのいうとおりになった。 ...
  • さうしてとうとう心にもない御結婚をなすつて御しまひになりました。 ...
  • 選出の理由はオーナーたちが御しやすいと考えていたことであった。 ...
  • しかし、彼には天の馬車を御する技量がなく、馬車は暴走してしまった。 ...
  • そもそもあの剣鬼ともいうべき男を駕御がぎよし得る人間がこの世にあるであろうか。
  • それにまた、犬を御し犬を訓練することを学んでいるのであった。 ...
  • この男は、監督管区の若い人たちをみんな自分の思うがままに御していた。 ...
  • 彼女を御しがたい存在として、うるさがったのはゲーテだけではない。 ...
  • 自分の意志では御することのできぬひどい震えであった。 ...
  • 馬は御してくれないので、乗り手といっしょに穴のなかに落ちこんだ。 ...
  • 今ちょうど撒水の水車を廻す牛を御する人が、誰か入用なところだから。
  • 三十郎にとっては最もぎよしやすい男であったろうな。 ...
  • だからこそ御するのが難しい事を承知しつつ、ヤーディオを喚んだのだ。
  • 従来父祖以来の長尾ながお家を敵視していた越中えつちゆうぎよしやすくなったことだ。 ...
  • 中くらいの大きさで、緑竜と同じくらい頑強だが、緑竜ほど御しやすくはない。 ...
  • 衰退した人類系の文明とおなじように、安全でぎょしやすいはずだ。 ...