御すれ

30 の例文 (0.01 秒)
  • それでも最初のうちは従順でぎょしやすく、こちらのいうとおりになった。 ...
  • さうしてとうとう心にもない御結婚をなすつて御しまひになりました。 ...
  • 選出の理由はオーナーたちが御しやすいと考えていたことであった。 ...
  • 川を越してしまうと、ヴロンスキーはもう完全に馬を御するようになった。 ...
  • そもそもあの剣鬼ともいうべき男を駕御がぎよし得る人間がこの世にあるであろうか。
  • それにまた、犬を御し犬を訓練することを学んでいるのであった。 ...
  • この男は、監督管区の若い人たちをみんな自分の思うがままに御していた。 ...
  • 自分の意志では御することのできぬひどい震えであった。 ...
  • 馬は御してくれないので、乗り手といっしょに穴のなかに落ちこんだ。 ...
  • 今ちょうど撒水の水車を廻す牛を御する人が、誰か入用なところだから。
  • だからこそ御するのが難しい事を承知しつつ、ヤーディオを喚んだのだ。
  • 従来父祖以来の長尾ながお家を敵視していた越中えつちゆうぎよしやすくなったことだ。 ...
  • 中くらいの大きさで、緑竜と同じくらい頑強だが、緑竜ほど御しやすくはない。 ...
  • 衰退した人類系の文明とおなじように、安全でぎょしやすいはずだ。 ...
  • 彼らはすでに先生にも御しきれないわるになっている。 ...
  • だが六文銭は彼女には御し切れず、勝手に行動しては事態を引っかき回す。 ...
  • 妹さんはあなたとごいっしょに、馬車の奥のほうに、わたしは馬車を御すので前にいます。 ...
  • アンブロジウスはこれをテオドシウス1世を御するための手段とした。 ...
  • 檻の裏側に行くと、係員たちが獣を御すために使う棒や突き棒が何本かあった。 ...
  • 神は実にある制限を設けて、人の御し得ぬ海を御し給うのである。 ...
  • 誰もぎょすることがかなわない一頭の獣のような男だった。 ...
  • 勇者はその風に御して高く飛び、智者はその風を袋に蓄はへて後の用を為す。 ...
  • どれだけ剄が強力だろうと、生身の肉体がそれを御せなければなんの意味もない。 ...
  • 「あと半リーグで岩山が見えるはずです」 馬を御するのは容易ではなかった。 ...
  • この故にこそあの歌こそはおまへのうたでまたわれわれの雲と風とを御する分のその精神のうたである。 ...
  • 気が動転していなければ、シルヴィンにあれをぎょせないわけがない。 ...
  • 女に甘い支配人のことだから、妹がここにいてくれさえしたらぎよしやすいんだがなあ。 ...
  • 生まれた後のことなど興味はないし、そもそも人の手で御しえるものではなかろう。 ...