御かま

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 三升だきの鉄のお釜は、なれぬうちはなかなか持ちあがりませんでした。 ...
  • 台所では祖母がお釜を前に、明りにすかすようにして弁当をつめていた。 ...
  • そのときとうさんがすずめに、あのおほきなおかまはう御覽ごらんつてせました。 ...
  • 小勢こぜいうちでは大きなお釜で少し炊くからどうしても美味しく出来ません。 ...
  • そしてさいごに、ジャックのかくれているお釜のふたに手をかけました。 ...
  • 次に呉をお釜に移し、適度に水を加えて濃度を調整し薪にて炊き上げる。 ...
  • それとも電気の力か、磁気じきの力が、そのお釜にはたらいているのであろうか。 ...
  • そしてそのお釜を持って、壁のところへ行きそこへおこうとして、またびっくり。
  • お釜に音が無かったのは、きっと巫子の身にけがれがあったからでございましょう。 ...
  • 首から上だけがおかまをかぶったようないでたち。 ...
  • そこではおかまからしたおちやをひろげて團扇うちはであほいでひとがあります。 ...
  • 彼女が火を起し、お釜までかけたのに姉はまだ起きてこない。 ...
  • それというのがそのときまで、かれはまだあの汗臭いお釜帽を持っていたからである。 ...
  • そして、大男がかえると、あわてて、おかまのなかにかくしてくれました。 ...
  • このような様々の条件によって御釜の色彩は微妙に変化する。 ...
  • 動くはずはないのに、お釜は実際ことことからだをゆすぶっている。 ...
  • お釜帽の男は一本のタバコを吸いおわると、すぐ二本目に火をつけた。 ...