得点を狙う

30 の用例 (0.00 秒)
  • 相手の守備の盲点を突いてゴール前で得点を狙う、優れたストライカー。
  • また、高得点を狙うためのシステムとして「魂ゲージ」が用意されている。
  • このため、追加得点を狙うか切り上げるかの判断がゲームのポイントになっている。
  • ボールを奪えば即座に相手陣内に入り、得点を狙いにいくスタイルである。
  • 積極的にシュートを撃って得点を狙うFWの選手はストライカーと呼ばれる。
  • 飛行中に撃墜する方が得点が高く、旗艦撃墜方法でいかに高得点を狙うかが重要になってくる。
  • また、思い切りのいいミドルシュートから得点を狙うことが出来る。
  • 敵機に接近することで自機の攻撃力も上昇するため、上記の敵弾無効化システムと合わせ、高得点を狙うためには画面上部に積極的に進み、出現した敵機を逃すことなく、かつより接近して攻撃して破壊する、というプレイが要求されることとなる。
  • 一方、鳥の種類やオブジェクトの配置によっては、かえって次の鳥の攻撃の妨げになるような崩し方しかできないため、効率の良さや高得点を狙うためにはあえて捨て玉を使うという戦略も必要である。
  • ゴールから11mの位置から、GK以外に妨害されることなく直接得点を狙うことができる。
  • また、ゲームメイクだけでなく自ら得点を狙う事ができる、いわば典型的な10番タイプの選手である。
  • それまでの最高ランクによって問題形式・難易度が変化し、難しい問題・形式であるほど得点が高くなるため、高得点を狙うためにはあらかじめランクを上げる必要がある。
  • このため戦略的に高得点を狙うことが可能になっており、カラ撃ちや名古屋撃ちなどで特定回数の射撃をして発射数を調整してからUFOを撃破することによって、最高得点を得ることが可能となったからである。
  • 壁は完全な垂直ではなく、後ろに少し湾曲しており、これにより壁を駆け上がって高得点を狙うことが出来、前述のフランキーによる試技もほとんどがそのケースであった。
  • 敵を破壊するたびに撃ち返し弾がどんどん増えていくため、いかに撃ち返し弾を引きつけて高得点を狙うかが決め手であり、通常覚聖よりもかなり慣れが要求される。
  • 一方、アウトサイドから得点を狙うシューターは距離の長い難しいショットが多いので、成功率が自然と低くなってしまう。
  • ハイポイントエリアでは基本的に敵が弾を撃たなくなり、必ずPowが出現するため、うまく敵を集めてフルーツに変えることで高得点を狙うことができた。
  • Powという文字だけのアイテムは、取ると画面上の敵キャラクターが全てボーナスアイテムのフルーツに変化するため、いかに画面上に敵を溜めた状態でPowを取るかが高得点を狙う際のポイントである。
  • この巨大空母は画面の6分の1を占めるもので、攻撃も通常のキャラクターに比べ執拗で難度があった上、高得点を狙うなら弱点である中心部より先に4つの周辺砲台を破壊しなければならなかった。
  • 攻撃面での役割は、パスを捌いて攻撃を組み立て、ときに自らサークル内に入ってシュートを撃ち得点を狙うことである。
  • 次へ »

得点を狙う の使われ方