従容

全て 名詞
103 の例文 (0.01 秒)
  • この恐怖は当然、火焔の中に従容しようようと死を待った僧衆たちの偉さを想起せしめた。 ...
  • 命令に逆らい、いつかはいずれかの機関の手によって処理される自らの運命を、従容しょうようと受け入れるための言葉だったのか。 ...
  • それとも、御台のあまりにも静かな、あまりにも従容しようようたる態度に釣り込まれたのであろうか。
  • といって、従容、去私、解脱といった気配が感知できるのでもない。 ...
  • 極めて従容とした自然な態度だ。 ...
  • すぐにも、従容しょうようと死を受けとる覚悟でなければ、今の信長の顔を見て、これだけのことはいえないはずであった。
  • 萩森は「常態の顔色」で従容と切腹し、家は断絶し、家財は没収された。 ...
  • 高麗人の男が従容しようようたる態度で何かいった。 ...
  • 孝文帝は近臣に対して、「崔光の従容たるは、范紹の力なり」と評した。 ...
  • 死を従容しょうようと受け止める心境はまだ遠く、思い残すことがないようにと一時の自由を与えられても、なにをしたらいいのかわからない。 ...
  • 迫る臨終の時を前に、従容と救いの手を待つ心境を語っていく。 ...
  • 「万事休す」と観念した彼は、従容しょうようと首の座について、瞑目めいもくしていた。 ...
  • 従容しようようたる陸相の死は、大河の流れに身をまかして人生を達観した姿にほかならないだろう。 ...
  • 典膳自身は従容しようようむかってこようが、襲撃するのが赤穂浪士だと吉良家の者にさとらせぬ必要がある。 ...
  • 凄絶な殺気で彼を呪縛しつつ、白刃の影は従容と近づいてくる。 ...
  • そして従容と身を任せきった態度で、粗野な宝石類で蔽われた身体からだを、私の前にじっと立たせていました。 ...
  • 園田は従容しようようと死についたわけではなかったのだ。 ...
  • 次へ