従容自若

全て 名詞
4 の例文 (0.00 秒)
  • その足どりも甚だ確かなもので従容自若としていたとはいわれる。 ...
  • ひどい寒さの中に十五時間も、外套一枚で、杙にさされて、従容自若しょうようじじゃくとして息を引き取ったのですね。
  • もちろん、田中も森山も、一切異議は申し立てず、京都の方を拝し、国の方を拝し、従容しようよう自若として、最も見事な切腹ぶりだったそうです。 ...
  • 壮士も剛胆なもので、従容自若しょうようじじゃくとして懐中から紙を取り出して、 「後日のために一札いっさつを立て置きたい、筆はないか」 竜之助は黙って、矢立を出して壮士に授けます。