従容と死

7 の例文 (0.00 秒)
  • 園田は従容しようようと死についたわけではなかったのだ。 ...
  • 人の命を救うことを本分とし、誇りともする医者の中で、患者をただ従容と死に向かわせるしかないホスピス医は、少なくとも、若く希望に燃えた人間の志望するものではないと思われていた。 ...
  • これらの事が災いして、紀元前574年12月26日に厲公が郤一族を滅ぼした時に郤至も誅殺されたが、その際彼は一切の抵抗もせずに従容と死についたと言う。 ...
  • 死期を悟るのはおよそ100年ほど前からであり、現世での務めを果たしたと認めたコアトルは従容と死を受け入れる。 ...
  • 苦悩の生涯を誇らしく耐え、従容と死を待つ老後を勧める第6節を引用する。 ...
  • 秀吉は盛政の武辺を最後まで惜しみ、せめて武士らしく切腹させようと連行中に密かに短刀を渡す手配もしたが、盛政は拒否して従容と死に臨んだという。