従容

全て 名詞
103 の例文 (0.00 秒)
  • なおこの紳士は申し分のない体格で、その動作は従容としたものだった。 ...
  • ひそかな恐怖はあったが、外見は彼らしく従容しようようたる態度を見せていた。 ...
  • 悠々ゆうゆうとか従容しょうようとか云う字はかくがあって意味のない言葉になってしまう。 ...
  • ひそかな感激はあったが、外見は彼らしく従容しようようたる態度を見せていた。 ...
  • 義は仁より出て、従容しようようせまらず道にあたることを主とするものである。 ...
  • 以前の彼女なら、すぐに従容しょうようとしたがったが、今はきっぱりと首を横にふった。 ...
  • 生まれて初めて愛したひとのために、従容しょうようと死んだのです。 ...
  • 従容しょうようとは死ねないにしても、私は私らしい死に方をしよう。 ...
  • それとも根っからのリアリストゆえ、死という現実を従容と受け入れたのか。 ...
  • 従容しょうようとした態度たいどで、それぞれ運命を受け入れようと努めている。 ...
  • 彼らは倒れると、倒れたままに、十字を切って従容しょうようと神の国へ急いだ。 ...
  • このとき彼はすでに従容しょうようたる態度をとりもどしていた。
  • 更に又杯盤狼藉の間に、従容迫らない態度などは何とはなしに心憎いものがある。 ...
  • 彼は自ら選んだ道の果てにある責任を従容しょうようと受け入れたのだと、涼子は信じるように努めた。 ...
  • 左右の家並みにもたれて、二重の柵となった幹の向こうから、従容たる声が言った。 ...
  • 悲観の極は例の弾機仕掛けに弾ね上げられ、人生を見直し出した従容たる態度の歌であります。 ...
  • その従容たる心はどこへいったか。 ...
  • 次へ