徐に

全て 副詞
194 の用例 (0.00 秒)
  • しかし成善は今はしずかにこれを待つことが出来なくなったのである。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 是に於て予が殺害の意志たりしものは、おもむろに殺害の計画と変化し来れり。 芥川竜之介『開化の殺人』より引用
  • 人々は、内蔵助が何事か語り出そうとして、おもむろに膝を進めたのを見た。 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用
  • 今までの事情を話したのちわたくしの友人のKと云う医者は、おもむろにこう言葉を続けた。 芥川竜之介『奇怪な再会』より引用
  • その間に鶴が幾羽かしずかに歩みながら、誠に高い清い声を放っておるです。 河口慧海『チベット旅行記(上)』より引用
  • 二人共に暫時しばしは何のことばをも交さなかったが、お杉の方からしずかに口を切った。 岡本綺堂『飛騨の怪談』より引用
  • 笹垣はおもむろに、桐原洋介が百万円を銀行から引き出していたことを話した。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 市郎がもとの座敷へ戻って来ると、安行は煙草をみながらしずかに訊いた。 岡本綺堂『飛騨の怪談』より引用
  • いずれも政権の帰趨を徐に待つ程度ではないかと思われる。 竹内好『近代の超克』より引用
  • その間に鶴が幾羽かしずかに歩みながら誠に高い清い声を放って居るです。 河口慧海『チベット旅行記』より引用
  • になるとかれしずか厨房くりやちかづいて咳払せきばらいをしてう。 チェーホフ・アントン『六号室』より引用
  • そうしてそのあとにはおもむろに一束四銭のふだを打ったねぎの山が浮んで来る。 芥川竜之介『葱』より引用
  • おもむろに序曲の演奏せられる中わたくしはやがて幕の明くのを見た。 永井荷風『帝国劇場のオペラ』より引用
  • 孫権は近頃、呉の南徐なんじょに都していたが、すぐ魯粛を呼んでいった。 吉川英治『三国志』より引用
  • になるとかれしづか厨房くりやちかづいて咳拂せきばらひをしてふ。 チェーホフ・アントン『六号室』より引用
  • エルウィングは徐に首に下げていた鎌十字をペチカの手に握らせた。 高殿円『銃姫 01 Gun Princess The Majesty』より引用
  • トランス・テエブルの上に乗つておもむろに位置を換へてゐる3236号に。 芥川竜之介『機関車を見ながら』より引用
  • トロッコは最初徐おもむろに、それから見る見る勢いよく、一息ひといきに線路を下り出した。 芥川龍之介『トロッコ・一塊の土』より引用
  • ジェリーはトムが自殺をしようと思った経緯を徐に語りだす。
  • 読み終ると、法水は椅子を前に進め、おもむろに莨に火を点じてから、云い続けた。 小栗虫太郎『夢殿殺人事件』より引用
  • 次へ »