後期初頭

30 の用例 (0.00 秒)
  • かれらはペルム紀半ばには衰退を始め、後期初頭には絶滅してしまった。
  • 縄文時代後期初頭の称名寺期にも川崎遺跡で竪穴住居跡が確認されている。
  • ディキノドン類は三畳紀後期初頭において絶滅したと思われていた。
  • しかし、白亜紀後期初頭の陸上の動物の記録を残す場所は世界にたった数箇所しかない。
  • 第3次調査では中期末から後期初頭の土坑23基が検出されている。
  • 桜町遺跡は、富山県小矢部市桜町にある縄文時代中期から後期初頭の遺跡である。
  • この古墳群は、古墳時代後期初頭から形成が始まり、後期後半に形成を終えているようである。
  • 前・中期の関東に散見して後期初頭以降に発達する。
  • 三畳紀後期初頭、中規模な大量絶滅が地球を襲い、再び多数の系統が姿を消した。
  • 最古の異歯類とされる生物は、ペルム紀後期初頭に生息したパトラノモドンである。
  • 称名寺式とは、関東地方の縄文時代後期初頭の土器型式名である。
  • 構築物Eは、チクソイー相からパシオン相の初頭の時期で古典期後期初頭に建設された。
  • 古墳時代前期後半、および中期末から後期初頭にかけての2時期にわたって形成されたといわれる。
  • 誕生直後の哺乳形類は三畳紀後期初頭に発生した中規模の大量絶滅を生き延びたものの、恐竜などに主要なニッチを奪われてしまっていた。
  • 「ウォッカ」という言葉が初めて文献に登場するのは中世後期初頭の1405年のことで、ポーランドのサンドミェシュ市裁判所の公文書にその名がある。
  • 三畳紀初頭においてはディキノドン類、リンコサウルス類と並んで代表的な陸生植物食動物となったが、三畳紀後期初頭に姿を消している。
  • この進化の流れは非常に速く、同じ世の後期初頭には、初期のクジラ類とは著しく異なるレベルでの適応を果たし長大な体躯を持つバシロサウルスの段階にまで達した。
  • 中期末~後期初頭には敷石住居の敷石や石囲炉に配置したものがあり、しばしば火熱による変色や折損がみられる。
  • 例えば弥生後期初頭の複数の遺跡から中国新の時代から後漢に流通した貨泉が出土しており、光武帝により使用禁止されたAD40年以前に日本に来た可能性が薄い事、弥生後期初頭はAD50年以前に遡る可能性がないとされている。
  • 中期から後期初頭の築造時期が考えられる。
  • 次へ »

後期初頭 の使われ方