後暫く

82 の用例 (0.00 秒)
  • 簡易駅舎が存在し開業後暫くの間は直営駅だったが後に無人駅となった。
  • かつては1956年建築の駅舎があったが無人化後暫くして撤去された。
  • 会津鉄道転換後暫くの間は、駅舎の事務室部分は物置として使われていた。
  • 結婚後暫くたってからの或る日、男文字で書かれた手紙が妻宛に来たのです。 浜尾四郎『途上の犯人』より引用
  • ところが、終わった後暫く経ってもお花の姿が見えない。
  • 私はそれからのち暫くの間、発狂していたのかも知れませぬ。 夢野久作『押絵の奇蹟』より引用
  • 移転後しばらくするにつれて、患者が来るようになりました。 小金井喜美子『鴎外の思い出』より引用
  • 私は結婚後しばらく親の家へ帰っていた。 高村光雲『幕末維新懐古談』より引用
  • 引退後暫くはテレビの野球中継さえも観る気になれず、野球を遠ざけていた時期があったという。
  • 第二次世界大戦後暫くの間は、オルリー空港とともに、パリの主要空港として使用されていた。
  • この後暫くは小林とのダブルプロデュースや編曲といった形で製作されることとなる。
  • この後暫くして、ファラントとマンチェスターの活動が活発となった。
  • 当初民間人出身者はそのままの扱いだったが、開戦後暫くしてからはオーストラリア海軍の義勇兵として任命された。
  • ビニール盤が登場するのは敗戦後暫く経つ1950年代の話である。
  • 雌は産卵後暫くすると巣から離れ、それ以降は雄が抱卵、育雛をする。
  • 結婚後暫くすると健一郎に浮気の兆候が感じられるようになる。
  • デザインの都合上、開業後暫くは「宮崎駅」という漢字表記を掲げられなかった。
  • 少くとも、この打明話を聞いた後暫くは、わたしは一日中殆ど絶え間なく彼女の傍で過した。 ジッド/石川淳訳『背徳者』より引用
  • 駅到着前から発車後暫くまでの間、開閉するドア側のランプが点灯すると同時に音楽が流れる。
  • 震災後暫しんさいしばらく電話が来なかったが最近ようやくかかったから書いておいてくれというので、どうせかける用のないことは分っていたが、まあいいとも言えず、けた余白に私は何気なくそれを書いておいた。 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』より引用
  • 次へ »

後暫く の使われ方